お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 北欧スタイル

北欧で絶対に見たい絶景はフィヨルド! 外せない4つのスポットは?

ノルウェーに観光するなら、誰しも必ず一度は見るであろう「フィヨルド」。ノルウェー語で「入り江」という意味です。

長い年月をへて氷河に侵食された深いU字谷に、海水で覆われる深く切り落ちた谷底の造形は、ほかで決して見られないダイナミックなもの。

ただしフィヨルドと一口にいっても、行く先々場所場所で見られせるその景色はもさまざまです。ノルウェーで有名なフィヨルドのあれこれをご紹介いたします。

■光の入り江、「リーセフィヨルド」

まさに「崖っぷち」に立った気分が味わえるのが、光のフィヨルドと呼ばれる「リーセフィヨルド」です。断崖絶壁の見た目の恐ろしさに反して、名前はなんとも明るい名前です。この名前はリーセフィヨルド周辺の花こう岩が光る性質を持っていることから、名づけられたのだとか。崖っぷちから海へはおよそ600mも切り落ちているのだとか! ちなみにリーセフィヨルドでには、この断崖絶壁ぶりが見込まれて、危険なことをするのが大好きなパフォーマーたちが、危険なアクロバットをしにやってくることがあります。小さいお子さまも、大きい大人も、ぜひまねしないでくださいね。

■世界で2番目に大きいフィヨルド、「ソグネフィヨルド」

全長16km、幅が5km、入り江両岸の崖壁崖の高さは海抜は1kmをという巨大なスケール超えるというを誇るノルウェーのフィヨルドのが「ソグネフィヨルド」です。その大きさは世界で2番目に大きいとか。あまりにも大きいため、このフィヨルドを観光するには、鉄道やフェリー、バスなどのさまざまな乗り物を利用して周遊するのが基本です。ソグネフィヨルドを満喫したい方は、必然的に鉄道、フェリー、バスのすべての乗り物を駆使して周遊することになります。

■牧歌的な風景が楽しめる、「ハダンゲルフィヨルド」

前項で紹介した迫力のある「リーセフィヨルド」や「ソグネフィヨルド」とは異なり、女性らしいと表現されることがあるほど、牧歌的で穏やかな雰囲気のあるフィヨルドが「ハダンゲルフィヨルド」です。5月ごろ頃になると、岸沿いにある果樹園の果物の木に花が一斉に咲きます。秋に訪れた場合は、果物の実がたわわに実る光景を目にすることができます。ハイキングも楽しめるエリアです。

■フィヨルドを観光するなら、天気と乗り物の空席状況こんな点に注意!

ノルウェーは天気が変わりやすいため、フィヨルドを観光するなら天気予報をチェックしてから行くことをオススメのがお勧めですします。特に断崖絶壁のリーセフィヨルドに悪天候で挑むのはとても危険です。ツアーの場合は中止心になることもあるそうります。またその他ほかに気をつけたいのが、乗り物の予約です。ソグネフィヨルド観光の場合は、オスロなどからフロム鉄道が利用できますが、なにせ人気の観光鉄道ですから満員御礼できっぷが売り切れていることがもあります。フィヨルド観光の際には、天候と乗りものの空席予約状況にくれぐれもぜひご注意くださいね。

フィヨルドはノルウェーへの観光客が、必ず一度は見て通る有名な観光スポット。すべて回るのも、お気に入りのフィヨルドだけを回るのも楽しいもの。あなたのお気に入りのフィヨルドを探して、ぜひ訪れてみてくださいね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]