お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 働き方

態度や存在にイラッ! なぜか「鼻につく」女の同僚の特徴

特に嫌いなわけではないけれど何かと鼻につく同僚っていませんか? 単なる嫉妬の場合もあるけれど、そう単純なものではない場合も……。そこで今回は、そんな“鼻につく”女の同僚の特徴について働く女性に聞いてみました!

Q.あなたは、嫌いではないけれどなぜか「鼻につく」女性の同僚がいますか?

いる……34.6%
いない……65.3%

■美人な同僚の存在が鼻につく

・「美人で何でも積極的に挑戦する同期に嫉妬する」(24歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「実際に美人だが、自分でも美人だと思っていてさりげなく男性経験などを自慢する」(29歳/情報・IT/専門職)

・「美人で男性からちやほやされている。同じミスをしても彼女だけは許される」(30歳/建設・土木/事務系専門職)

はっきり言って、うらやましいんです! でも、素直にうらやましいっていうのは悔しいし、美人なのは否定しようがないしっていう、モヤモヤした気分にさせるところが鼻につくんでしょうね。

■こびる態度が気に入らない

・「上司の前であからさまにこびを売っている人」(31歳/自動車関連/事務系専門職)

・「男性職員にこびを売っている」(25歳/医療・福祉/専門職)

人によって態度を変えるというのは、確かにイヤかも。それが上司や男性にかわいがられるためだとすると余計にイラっとしてしまいます。

■会社でぶりっこはやめてほしい

・「小悪魔気取りでいつもゆるふわファッションの先輩。『そんな格好じゃダメだよー』とか言ってくるけど、なんなのだろうか……」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

・「家では強いらしいけれど、みんなの前ではかわい子ぶっている」(27歳/電機/技術職)

他人、特に男性の目を意識しているのでしょうか。ぶりっこと思われる時点で本性がバレてる気もします。

■ちょっとした仕草にもイライラ

・「キャピキャピしていて、落ち着きのない人がいて、明るいけど、騒がしすぎて苦手」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「前で手を合わせながら話す」(31歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

こちらもぶりっこに近いのかもしれませんが、一度鼻につくと何をやってもダメという感じですね。

<まとめ>

容姿や頭のよさなどに嫉妬しているうちに、徐々に存在自体が鼻につくようになってしまうこともありますが、そんなことで自分がイライラするのは損です。人は人、自分は自分でいれば、お互いに認め合えるのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にwebアンケート。有効回答数202件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]