お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 人間関係

そこまでしてモテたいの? 「男性にこびる女」の特徴5選

男性がいるだけで声のトーンが変わったり「そんなキャラだっけ?」と突っ込みたくなるような女性っていませんか? 同性からの評価は低いもののコロッとだまされてしまう男性は多いもの。そこで今回は、そんな「男性にこびを売る女」について働く女性に聞いてみました。

Q.あなたのまわりには、男性にこびを売る女がいますか?

いる……41.1%
いない……58.9%

◇それって餌づけ? プレゼント攻撃

・「毎日お菓子や物を渡す。まわりでは“餌まきババア”と呼ばれている」(27歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「旅行などに行くと、必ずお土産を個人的に男性に渡している」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「男にだけお茶を入れてアピール」(30歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

男性だけに限定しなければ気の利く人って呼ばれるのでしょうが、同性は眼中にないんでしょうね。

◇年不相応な、若作り

・「とにかくスカートが短い。あと、バレンタインデーにがんばってるらしいです」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「高年齢なのに、ぶりっこを繰り出してくる。信じられない。見なかったことにしています」(28歳/ソフトウエア/事務系専門職)

・「ゆるふわファッションで常に上目遣いでもちろん黒コン常用者の知人。アラサーだからそろそろまずいと思うのだけど、こっちによけいなアドバイスをしてくる」(28歳/金融・証券/事務系専門職)

ミニスカートやぶりっこに年齢制限はないけれど、会社での露出やぶりっこはほどほどにしておかないと「いい年して」と言われかねません。

◇仕事よりも男性優先

・「仕事はしないが雑談が超得意」(28歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「とにかく男性を見ると仕事より話しかけに行く。イラッとするけど言えない……」(26歳/金融・証券/営業職)

会社を結婚相手探しの場として考えているタイプでしょうか。こういう人がさっさと寿退社してしまうかと思うとよけいに腹立たしいのかも。

◇モテテクを駆使

・「男性へのボディタッチをさりげなく、だけど何度もする人」(26歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「話し方や行動がこびを売っているように見える。自分はその人とは普通に接しているがまわりの評価がやはりよくない」(25歳/運輸・倉庫/営業職)

合コンなどでのモテ仕草であるさりげないボディタッチですが、職場では控えたほうがいいですね。

◇努力しても報われてない

・「こびているが、モテてはいない」(25歳/医療・福祉/専門職)

・「出世のためにがんばっている子がいるが、反映されていない気がする」(31歳/団体・公益法人・官公庁/秘書・アシスタント職)

同性に嫌われることもわかっていて、なりふり構わずこびていても結果が出ていないという悲しい事実。

■まとめ

異性の前で態度を変えるというのは誰にでも身に覚えのあることだと思いますが、やり過ぎると「男性の前では別人だよね」という同性からの冷たい視線を浴びることに。何事もほどほどが一番です。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2014年4月にwebアンケート。有効回答数202件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]