お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

【実録・痛い恋愛メール】一年ぶりの相手から「君の笑顔に会いたいよ!」

知り合ってからしばらくたって、「あの人って、もしかしたらいい人だったのかも……」と思い直すことってないでしょうか。恋愛でもやはり、時間がたってからでないと、その人のよさがわからないことがあります。ただしこんなケースの場合、いまさら連絡を取ろうとしても不自然になることが。今回は、恋に気づくのが遅すぎた、とある男性からの痛いメールです。

美和さん(仮名・25歳)と靖男(仮名・28歳)は、顔見知り程度の仲。1年前ほど前に、共通のメンバーを交えて1度だけBBQをしたことはあるものの、それ以降靖男からは音沙汰もなく。美和さんも靖男のことは忘れかけていました。そんな矢先に、突然靖男から意味不明なメールが届き……。

★ふたりのメール★

靖男「お久しぶりです! 美和さん、元気にしてますか?」

美和さん(わー、ほんと久々の人だ。懐かしい!)

美和さん「元気ですよ~。靖男さんも元気ですか?」

靖男「最近、全然連絡をくれなかったから、心配してたんだよ。たまには連絡ちょうだいよ」

美和さん(何でわたしから連絡しなきゃいけないのよ)

美和さん「また今年もみんなでBBQするんでしょうか? 楽しみですね」

靖男「去年は楽しかった。今年の予定はまだ聞いていないけど、また集まるんじゃないかな。それより2人でまた会わない?」

美和さん(えー、2人で? 気が進まないなぁ。いいや、スルーしよう)

美和さん「またBBQの詳細が決まったら連絡くださいね。ではまた!」

靖男「君の笑顔に会いたいよ! またたくさん遊びに行ったりしよう」

美和さん(「またたくさん」? まだ一度しか会ったことないし! 一度です、一度!)

 

【美和さんの感想】

たくさんと言われるほど遊んだ覚えはないし、1年ぶりなのに盛り上がっていて気持ち悪いと思ってしまった。「(笑)」とかつけて、冗談ぽく言ってくれるならまだいいけど……。それに「君の笑顔」とか言ってるけど、本当に覚えてるのかどうか。なぜ1年後にそんなに盛り上がっているのか、意味がわかりませんでした。

今まで知り合った異性の中で、見逃していたいい異性はいなかっただろうか。そんなことを考えることってありますよね。ただそのときには、「時すでに遅し」なことも往々にしてあるもの。昔の知り合いにもう一度アタックするなら、初めからやり直すつもりで始めたほうがいいかもしれません。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]