お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
コラム デート・カップル

【実録・痛い恋愛メール】合コンのあとで「奥さんと別れる。だから結婚しよう」

「好き」は好きなんだけど、その「好き」じゃないのよね……なんて、恋愛と好意を取り違え、誤解されたことってないでしょうか。この境界線を取り違えた男性が、痛いメールを一通、とある女性に届けてしまったようです。

寛(仮名・43歳)と合コンで知り合った有紀さん(仮名・24歳)。合コンのメンバーの中に40代の男性がいることが珍しく、恋愛対象ではなかったものの、おもしろい人だからいいやと連絡先を交換した有紀さん。しかし合コン終了後、案の定、有紀さんにラブメールが届き……。

★ふたりのメール★

「今日は楽しかったよ。今度遊ぶ予定、いつにする?」

有紀さん(2人で遊ぶのはちょっとな~)

有紀さん「予定がわかったらご連絡しますね」

「君といると、生きている気がする。久しぶりに恋する気持ちを思い出した」

有紀さん(うわー、勝手に盛り上がっちゃってる。あんまり本気になられると、あとが大変そう)

有紀さん「寛さんのことは、お兄ちゃんのように思っています」

「君とは、ずっと一緒にいたいと思ってるんだ。もちろん結婚前提で付き合いたいと思っている」

有紀さん(えー、話がどんどん進んでる! どうしよう)

「奥さんとも、もちろん別れる。だから結婚しよう」

有紀さん(……え? 奥さん!? 別れる!? なんじゃそりゃ!)

 

【有紀さんの感想】

ひとりで勝手に盛り上がってたのにもドン引きしたけど、それ以上に結婚してたのに合コンに来てたのも引くし、簡単に奥さんと別れるとか言うのも引くし、とにかく最低! これ以上かかわりたくなかったのですぐに着信拒否しました。

突っ込みどころが多すぎる今回のメール。有紀さんの「お兄ちゃんみたい」という好意を、「付き合える!」とかんちがいしてしまったようです。女の「好き」にもピンからキリまで、いろいろあるのです。しかし、そんなかんちがいよりも、結婚しているのにほかの女性に手を出そうとしたところが一番いただけませんね。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]