お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【新連載】異動!? 1年半前に別れた元カレが同じ支店にやってきて……

Story2 ★面倒な間柄

えっ、栄太に敬語なんて使われると、
なんだかすごい違和感。
それでもわたしは、即座に笑って答えた。
「いいですね、ランチ。
じゃあ、おいしいお店、紹介しますね」

他の人が顧客に連絡を取り合う中、
早いシフトのわたしたちは先に出て、
中華ダイニングのお店に入った。
お昼時はメニューが3つしかない代わりに、
出てくるのがとても早い店だ。
店員さんが去ると栄太は小さく深呼吸して、
大きく息を吐き出すようにわたしに言った。

「付き合ってる時は、
ワガママでいろいろと迷惑かけてごめん」
自分の膝に両手をおいて、
テーブル越しに深々と頭を下げる栄太は、
今日が初対面の人のように礼儀正しかった。

「いいよ、もうそんな前のことは」
わたしは両手のひらをワイパーのように振って、
栄太に頭を上げてもらった。

現金なものだ。こうして謝ってもらったことで、
イライラが、ウソのように消えてしまった。

SHARE