お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

プラシーボ効果でダメ男を成長させてみよう!「思い込ませる」

世の中にダメな男は多くいるけれど、一体どうやって改心させたらよいのやら、頭を抱えている世の女性は多いのではないでしょうか。そんなときはプラシーボ効果を使って、ダメ男をみるみる間にできる男に変えてみましょう。

【「○○すると両想いに!」 おまじないって本当に効くの?】

■プラシーボ効果って何?

プラシーボ効果という言葉を聞いたことがあるという方は、多いかも知れませんね。プラシーボというのは、全くの効果のない薬を、まるで本物のように見せかけて患者さんに飲ませる偽薬のことを意味します。

しかし、医者が患者に薬を渡しているということで、患者が自己暗示にかかり、病気が治ってしまうことがあるようです。このような効果をプラシーボ効果といいます。

■ダメ男を彼氏にした場合でも、プラシーボ効果で前向きに

プラシーボを与えることによって、化学では説明できないような奇跡を起こすこともあります。このプラシーボ効果を利用して、人の眠っている能力を目覚めさせることができる場合もあります。

プラシーボ効果は、人の思い込みの力を利用して、考えられない効果を生み出しています。ダメ男を彼氏に選んだとしても、毎日ほめちぎる・毎日あなたはとてもできる男だといい続けることによって、思い込みの力が作用し、ダメ男は少しずつ自分の気づかぬ間に、自分の考えている以上の力を発揮するようになっていくのです。

■仕事での成績が上がり、ダメ男からできる男に進化

彼女がダメ男をほめちぎることにより、思い込みの力から思わぬ力を発揮するようになると、今度は仕事にもその効果が現れるようになります。もともと自分はできない・やる気がないといった考えから、仕事もちゃんとしていなかたったため、少しのプラシーボ効果でも、大きな仕事の結果を出すことが可能になってきます。

自分はできる、自分はやれる男だと思い込みが入ると、実力以上の力を発揮するため、徐々に仕事ができる男へと進化していきます。

プラシーボ効果にとって一番マイナス要素となるのが、マイナスイメージとなります。そのため、ネガティブな言葉を連発すると、プラシーボ効果を得ることは難しくなってきます。「だからあなたはダメ」「どうせ何をやってもあなたには無理」などといったネガティブワードを連呼すると、ダメ男は逆プラシーボ効果を受けることになり、ますますダメ男に磨きがかかってしまいます。

時間をかけて、ゆっくりとできる男へ育てていくようにしましょう。

お役立ち情報[PR]