お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

お気に入りのドラマキャラは?「園田なるみ(石田ひかり)」「古美門研介(堺雅人)」

今まで気にはなっていたけれど、“詳しくは知らない”、“どんな内容なの?”と疑問に思っていたさまざまなエンタメ情報をご紹介! スキマ時間に読んで、女子会や飲み会での話題にも♪

テレビドラマには、感情移入してしまう人物、あこがれる人物、現実にはいない! と思いながらも楽しんでみる人物……さまざまなタイプの登場人物がドラマを盛り上げていますよね。「この登場人物が好き!」という理由でドラマを見ることも少なくないはず。そこで今回は、「今まで見たテレビドラマの中で、一番好きなドラマの登場人物」についてアンケートしました!

<恋愛ドラマの登場人物にあこがれた1990年代>

■園田なるみ(石田ひかり)『あすなろ白書』

・「一途に好きになるところと、大学生活が楽しそうだなと思えたから。なるみちゃんがリュック姿だったので、当時マネしていた」(31歳/情報・IT/技術職)

■加藤くるみ(深津絵里)『最高の片想いWHITE LOVE STORY』

・「か弱そうな女の子で、片想いの気持ちがよくわかる。演じている深津絵里は今の雰囲気と全然ちがいます」(33歳/その他/事務系専門職)

■音無可憐(榎本加奈子)『おそるべしっ!!!音無可憐さん』

・「ぶっ飛んだキャラがおもしろかったです。友だちと可憐さんのマネをするのが流行った」(30歳/食品・飲料/販売職)

■長谷川天(竹野内豊)『WHITE LOVE』

「竹野内豊が格好よかった。見知らぬ人とのメールのやり取りをするネット恋愛は、当時はとても新鮮でした」(28歳/医療・福祉/専門職)

多感な中高生のときに見たドラマが印象に残っている人も。特に恋愛系ドラマへのコメントが目立ちました。自分も大人になったら、あんな恋ができるのかな? と未来に思いをはせたものです。

<等身大の演技にドキッとした2000年代>

■舞岡あずさ(香里奈)『ロング・ラブレター~漂流教室~』

・「香里奈ちゃんがかわいくて衝撃的でした。こんな美人な子がいるんだ!? と、画像を検索したり、雑誌を買ったりしていました。作中の“学園一の美少女”の設定にもあこがれました」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

■鶴本直(上戸彩)『3年B組金八先生 第6シリーズ』

・「男っぽいところと、乱暴な口調がとてもハマっていて格好よかったから。自分もあこがれて、髪を短くして、口調もマネていました」(30歳/情報・IT/事務系専門職)

■西根公輝(吉沢悠)『動物のお医者さん』

・「主人公の無心さがよかった。毎週、母親と楽しみに見ていたドラマでした」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

■新海元(木村拓哉)『GOOD LUCK!!』

・「夢にまっすぐでツンデレな性格にキュンキュンしました」(25歳/医療・福祉/専門職)

今では主演を演じることも少なくない香里奈さんと上戸さんも、当時は初々しい表情でドラマに挑んでいましたね。そんながんばる姿も女子の共感を呼んだのでしょう。

<共感するキャラと超個性的キャラに惹かれた2010年代>

■雨宮蛍(綾瀬はるか)『ホタルノヒカリ』、『ホタルノヒカリ2』

・「等身大で人間味あふれるキャラがいい。蛍のように肩の力をぬいて、ゆったり生活したい」(24歳/電機/事務系専門職)

■種市浩一(福士蒼汰)『あまちゃん』

・「硬派でとぼけた感じがいい」(30歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

■古美門研介(堺雅人)『リーガル・ハイ』、『リーガルハイ』

・「いつもはひょうきんだけど、時折みせるシリアスな顔が格好いいから」(29歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

■半沢直樹(堺雅人)『半沢直樹』

・「言いたいことをビシッと言ってくれるのがいい。たまに人間くさいのも、魅力的」(25歳/商社・卸売/秘書・アシスタント職)

綾瀬はるかさん演じる“干物女”の蛍は、働く女子の共感を呼んだみたい。また、2013年に話題となった『半沢直樹』の主人公・半沢直樹は、その自分の信念を決して曲げない姿が支持を集めていました。

魅力的なテレビドラマの登場人物は、今回紹介したキャラクター以外にも数多くいます。男性の登場人物にドキドキするもよし、女性の登場人物にあこがれるもよし! あなたが好きなテレビドラマの登場人物はどんな人ですか?

(藤井蒼/OFFICE-SANGA)

※『マイナビウーマン』調べ。2013年11月にwebアンケート。有効回答数184件(22歳~34歳の働く女性)。

お役立ち情報[PR]