お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

9割以上の女子が、恋人を選ぶときに●●に注目! 「2位⇒外見、3位⇒趣味」

手紙「恋人候補として選んだ相手」と「そうでない相手」の差って、自分で考えてみても、今ひとつ何が違うのかわからないことが多いもの。女性は恋人を選ぶときに、何を基準にして、どこに魅力を感じて、恋人に選ぶのでしょうか? 働く女性に聞いてみました。

【あなたはどれだけ操れる? 「恋愛調教師」診断】

Q.恋人選びをするときは、相手のどこに注目していますか?

1位「性格」90.8%
2位「外見」45.4%
3位「趣味」27.9%
4位「センス」23.6%
5位「お金」23.1%
6位「居住地」12.2%
7位「会社・肩書」10.5%
※8位以下省略、複数回答可

■9割以上の女性が、恋人候補のここに注目! 1位「性格」

・「自分がネガティブなので、太陽のような明るさがある人と一緒にいたい」(25歳/商社・卸/秘書・アシスタント職)
・「30越えると妙な自信家が多くて疲れる。性格は大事」(33歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

今回の調査では、なんと9割以上の女性が恋人を選ぶときに、「性格」を重要視しているということが判明しました。「性格がいいだけじゃダメ」だと感じている男子には、朗報かもしれません。性格が合わないと、一緒にいても疲れるだけですよね。

■なんのかんのといっても、外見も譲れない。2位「外見」

・「好きになるにはそれくらいしかきっかけがない」(30歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)
・「外見がそこそこ好みでないと、中身がよくても、魅力が感じない、というか惹かれない」(28歳/小売店/販売職・サービス系)

恋人選びにあたって「外見」を重要視している女性は、約45%という結果に。自分ではどうしようもない部分なので、相手の好みに合うかどうか、女性の判断にゆだねるしかなさそうではありますが、そこが合えば恋に発展する確率はかなり高いかも?

■ここが合えば、まずは安心。3位「趣味」

・「自分も趣味が多いため、相手にも同様の状況を求めがち」(26歳/人材派遣・人材紹介/営業職)
・「性格が悪いとやっぱり嫌だし、できれば趣味も一緒だと共通の話題が増えていいんじゃないかな、と思うから」(30歳/不動産/事務系専門職)
・「趣味が合えば楽しく過ごせる」(23歳/不動産/事務系専門職)

趣味が合う人とは、趣味への出費が理解しやすいため、金銭感覚が一致しやすいもの。また趣味が合えば話題も合うし、楽しく過ごせます。恋人として選ぶときにも、結婚相手を選ぶときにも、大事な視点かもしれませんね。

■恋人に求めるもの、4位「センス」、5位「お金」

(センス)

・「昔、性格がとても優しくて顔も好みの彼氏がいたが、イマイチ色々なところでセンスが悪い。例えば誕生日プレゼントのチョイスやレストランのチョイス、デートの場所など、なぜそこにしたの?!と聞きたくなるようなセンスのなさだった。はじめは小さなこと、と我慢していたが、そのうちにどうしても許せなくなり一緒にいられないほどになった……。それから、センスの合う合わないは大事だと思うようになった」(29歳/生保・損保/事務系専門職)

(お金)

・「ストレスなくつきあいたい、自分がお金にシビアなので、お金は大事」(31歳/医療・福祉/秘書・アシスタント職)

センスとお金は、あってもなくても恋には関係なさそうに見えますが、一緒に過ごす時間が長くなってくると、「ない」ことが致命傷になる場合もあります。

■6位「居住地」、7位「会社・肩書」

(居住地)

・「好きな人でも遠距離では続かなかったので、物理的な距離は重要」(29歳/医療・福祉/専門職)

(会社・肩書)

・「不定休の方とは時間だけが合わなくて結局別れてしまった」(25歳/食品・飲料/技術職)

「居住地」と「会社・肩書」も、恋には全く関係ないようでいて、恋を下からしっかり支えてくれる、重要な条件だったりします。どんな物事でも、それを取り巻く環境は大切ですよね。

女性が恋人選びに大事だと思う条件、いかがだったでしょうか? 今回の調査で特徴的だったのは、やはり9割以上の女性が重要視しているのが「性格」だということ。これが合わなければ、恋も何も始まらないということなのかもしれませんね。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数229件(22歳~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]