お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

被害者意識が強い? 愛情を確認したい?「私のこと好き?」と聞く女子の特徴

男性から時にうざがられるのが「私のこと好き?」という質問。なぜ女性は男性からうざがられ、嫌がられるとわかっていながら、こんな質問をしてしまうのでしょうか。そこにはこんな理由があるようです。

【恋がうまくいかない原因かも? 「依存タイプ」診断】

■愛情の量をはかる「ものさし」を持っている

「私のこと好き?」と女性が男性に聞くのは、いろいろ理由がありますが、一番多いのは彼女に愛情の量をはかる「ものさし」があり、彼の愛情が「不足している」ことを、ものさしが指し示しているようなときではないでしょうか。

「ものさし」で愛情をはかる基準はいろいろありますが、例えば「返信メールの文章が長い」とか、「マメに連絡をくれる」とか、「デートは週に一度」とか愛情をはかる細かい基準がたくさんあり、それに彼の行動が満たないと、「ものさし」を持っている女性は不安を感じやすくなり、つい「私のこと好き?」と聞いてしまいやすいようです。

■被害者意識が強い

「私のこと好き?」と聞く女性は、被害者意識を強く持っているケースもあります。彼のちょっとした冷たい態度やつれない態度を大きく解釈しすぎてしまい、「遊ばれている」とか「都合のいい女だと思われている」と思い込み、彼に対して一方的に不満を持ってしまうのです。

このタイプの女性が放つ「私のこと好き?」という言葉は、下手すると大きなケンカや、別れの火種となってしまうことがあるため、慎重に対処するのがオススメです。くれぐれも「いちいち聞くなよ」という言葉は厳禁。「やっぱり好きじゃないんだ」と勝手に思い込まれてしまうのが、オチです。

■彼氏が「女の扱い方」をわかっていない

彼氏が女の扱い方を知らず、男友だちと同じようにほったらかしにしたり、男友だちのようにバカにしてちゃかしたりして遊ぶ癖があるような場合にも、女性は「私のこと好き?」という質問をすることがあります。これは正確には「好きかどうか」という質問ではなく、「女として見ているかどうか」という確認の意味があります。ここぞというときの質問なので、彼氏っぽい発言が恥ずかしくても、言葉は濁さないようにしましょう。

■自分も彼氏のことが、好きかどうかがわからない

「私のこと好き?」と聞く女性の中には、自分も「彼氏のことが好きかどうかがわからない」、相手が「自分のことをどう思っているのか知りたい」という女性もいます。彼氏が自分のどこが好きなのかがわかれば、自分も相手のどこが好きなのかがわかると考えるからです。

このタイプの「私のこと好き?」という質問は、うやむやにしてしまうと、突然理由もなく振られてしまうことがあるため要注意。特に2人の関係がマンネリ化しているなら、なおさらきちんと答えましょう。

「私のこと好き?」はうざい質問ですが、そこには女性ならではの複雑な思いが隠れています。ぜひ「うざいから」とそのままにせず、彼女が好きで失いたくないなら、誠実に対応するようにしてみましょう。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]