お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

ありえない! クリスマスシーズンのマジギレ体験「クリスマスに部の飲み会」「彼氏が家に帰ってこない」

クリスマスといえば、幸せなイメージでいっぱいです。しかし、毎年「最高のクリスマス」を過ごせるとは限りません! ときには「ありえない!」とマジ切れしてしまうこともありますよね。そこで今回は、働く女性に「クリスマスシーズンのマジ切れ体験」にせまりました。

■空気を読んで!

・「早く帰りたいからといって、仕事を丸投げして帰った女性社員にマジ切れしました」(29歳/小売店/秘書・アシスタント職)

・「数年前に、隣のおじさんばかりの部署で、クリスマスに部の飲み会を入れられて、唯一の若い女の子が怒っていた」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

クリスマスの過ごし方はそれぞれ。それに掛ける熱意も、違っていて当然なのですが、最低限の周囲への気遣いは必要。空気を読まないと、クリスマス明けの職場の空気がツラそうです。

■友人の裏切りに……

・「マジギレまではいきませんが、クリスマスを過ごす約束をしていた友達に、前日に彼氏ができてしまった」(25歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「友達と女子だけのクリスマスパーティーをしようと企画したら、『どうしようっ! 彼氏が家でケーキ焼いてるって……』と、途中で帰った強者がいた。一気にテンションが下がってしまい、世の中のカップルに対し殺意に満ちた会になった」(27歳/金融・証券/事務系専門職)

彼氏と友人、どちらを選ぶのか……。究極の選択ですね。来年は我が身かも、ぜひ大目に見てあげて!

■彼氏が居ても安心できない!

・「彼氏が帰ってこなく一人ぼっちだった」(28歳/金融・証券/専門職)

・「元彼がクリスマスデートしているとき、夕方になったら『お母さんが最近元気なくて心配だから』とそそくさと帰った。イルミネーションは!? マジギレです」(23歳/マスコミ・広告/秘書・アシスタント職)

こちらは、彼氏からのまさかの裏切り!? 彼氏がいても、幸せなクリスマスを過ごせるとは限らないようです。期待していた分、ショックも大きい! お母さんを心配した元彼は、家でパーティーを楽しんだのでしょうか……。

■修羅場体験

・「手編みのマフラーを編んでいた友達がいて、クリスマス前にけんかをし、マフラーをズタズタに裁断した写メを見せてもらった。ひどかった」(29歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「友達と、彼氏へのプレゼントを買っている最中に友達の彼氏の浮気現場を発見。普段は本当に穏やかで笑顔しかみたことのなかった彼女なので泣きだすかなと思ったらブチ切れて彼氏に引っぱたいていて私も彼氏も浮気相手もぽかーん状態でした」(24歳/不動産/事務系専門職)

クリスマス前はデートも増える!? 結果、修羅場を迎えてしまうカップルも少なくないようです。こんなクリスマスの思い出は、きっと一生忘れることはできないでしょう。今年こそは、良いクリスマスを過ごせますように。

■まとめ

いかがでしたか? 同僚に上司に友達に彼にと、女性たちの「マジ切れ相手」は実に様々。クリスマスを心穏やかに過ごすためには、いつもより慎重な気遣いが必要なのかもしれませんね。

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数157件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]