お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 エンタメ全般

大ショック! クリスマスに女心をえぐられた一言「予定あると思って誘わなかった」「もう帰って来たの?」

ついに来週に迫ったクリスマス。「今からウキウキ!」という人から、「予定は未定」「仕事です!」という人まで、当日の予定は人それぞれ。それだけ状況がちがうと、クリスマスについての友だちや同僚の何気ない一言に大ショック……ということもありそう! そこで今回は、友達・同僚・家族などに言われて傷ついた「クリスマスにまつわる一言」を、働く女性たちに聞いてみました!

■「ヒマそうな人」のレッテルを貼られた

・「予定なさそうだよね」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「どうせひまでしょ?」(25歳/金融・証券/営業職)

・「どうせ毎年一人なんでしょ? わかる気がする」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

何も言っていないのに、勝手にクリスマスは一人だと思われるケース。しかもそれが真実だったとしたら、余計に傷つきますよね……。

■「おひとりさまクリスマス」に同情された

・「一人で寂しいでしょう」(27歳/学校・教育関連/専門職)

・「かわいそう……」(26歳/情報・IT/事務系専門職)

・「予定あると思って誘わなかった~」(29歳/学校・教育関連/専門職)

せっかくのクリスマスに一人で過ごすなんて、かわいそう。そう思う気持ちも分からなくはないですが、言われる方は同情されても嬉しくも何ともないはず。幸せなクリスマスを過ごす人に上から目線で言われる一言には、かなりグサッときそうです。

■家族と過ごすクリスマスにダメ出し

・「家族と過ごすのー? つまらなくない?」(32歳/金融・証券/事務系専門職)

・「ケーキを毎年家族で食べていると言ったら、寂しいねと言われたことがあった」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「家族で過ごすことになっているといったら、その年で? と言われた」(25歳/電機/事務系専門職)

「クリスマス=恋人たちの日」というイメージが強い日本では、クリスマスに家族と過ごすなんてアリエナイ!と思う人たちもチラホラ。欧米ではむしろ、家族と過ごす方が一般的なんですが……。

■家族に言われてグサリときた

・「クリスマスくらい彼氏と過ごしなさい」(31歳/ホテル・旅行・アミューズメント/事務系専門職)

・「もう帰って来たの?」(31歳/団体・公益法人・官公庁/その他)

・「晩御飯を自宅で食べていたら、弟たちには彼女がいるのにあんたはいつまで私たちと飯を食べるつもりだと母に言われた」(25歳/商社・卸/技術職)

彼氏がいないことを、家に帰ってからも心配されたり責められたりした、という人も。「ちゃんとお嫁に行ってほしい」という親心も分かりますが、クリスマスくらいはそっとしておいてほしいものです。

上記以外にも、「ほっといて!」と叫びたくなるような、言葉のナイフがズラリ……。クリスマスだって、過ごし方は人それぞれ。くれぐれも、心ない一言でまわりの人を傷つけないように気をつけたいものです。

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]