お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

私、ホントに彼女? 史上最悪のクリスマスデート「回転寿司に行った」「昼は競馬、夜は別行動」

いよいよクリスマス間近。きっと、意中の彼とのデートを楽しみにしている女性は多いはず。その一方で、涙ナシには語れないクリスマスの失敗談も後を絶ちません。そこで今回は、これまでに体験した「最悪のクリスマスデート」について、働く女性の悲痛な叫びを集めてみました!

■彼氏とケンカした……

・「原宿の表参道に行ったら人ごみでお互い機嫌が悪くなり早々に帰った」(32歳/自営業・フリーランス/その他)

・「彼氏とディズニーシーに行ったが、そこで彼が元カノの話題を出してきて、険悪なムードのまま一日過ごした」(24歳/小売店/販売職・サービス系)

・「相手が浮気」(26歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「クリスマス当日に別れた」(27歳/情報・IT/経営・コンサルタント系)

クリスマスは一年に一度きりの大イベント。そんな日のデートで彼とケンカしてしまうなんて、とんだ災難ですよね。しかも中には、相手に浮気されたり、クリスマス当日に別れてしまった人も。どうか、クリスマスそのものがトラウマになっていませんように……。

■好きでもない男性とデート

・「対象外の男性とビリヤード」(30歳/医療・福祉/専門職)

・「合コンで会った好きでもない人とご飯」(28歳/運輸・倉庫/事務系専門職)

・「好きでもないけど頼み込まれて新宿のイルミネーションを見に行った。つまんないし寒いし気持ち悪かった」(29歳/学校・教育関連/専門職)

クリスマスに彼氏がいないからと、何とも思っていない男性とデートして失敗したというケース。寂しさを紛らわすつもりが、かえってむなしさが大きくなってしまいそう。「一緒にいてくれるなら誰でもいい」なんて、自暴自棄になっちゃダメですね。

■全然クリスマスらしくなかった

・「彼氏といたけれど、何のプランも考えてなくて、つまらない日だった」(30歳/食品・飲料/事務系専門職)

・「レストランは混んでいるからと回転寿司に行った」(27歳/運輸・倉庫/販売職・サービス系)

・「競馬に付き合わされて、夜は別行動。何のムードもなし」(31歳/医療・福祉/専門職)

・「山手線を一周しよう、と言われた。断りましたが」(23歳/マスコミ・広告/事務系専門職)

2人で過ごしはしたけれど、クリスマスらしい要素はゼロ。そんなデートも、かなり残念ですね。「好きな人と一緒にいられればそれだけで幸せ」なんて言ったりもしますが、やっぱりクリスマスはクリスマスらしいことをしたいと思うもの。それが女心というヤツです。

■一人で寂しいクリスマスに

・「一人でテレビを見ながら過ごした」(31歳/生保・損保/事務系専門職)

・「熱が出て一人で寝込んでいた。片思いの人にはメールを無視された」(29歳/金融・証券/秘書・アシスタント職)

・「当時付き合っていた彼と一緒にいるのがいやで、ひとりでカフェで勉強していたことがある」(30歳/生保・損保/事務系専門職)

デートではないものの、多くの女性が「最悪」として挙げたのが、ひとりぼっちのクリスマスでした。恋人たちのためにあるような1日だからこそ、一人きりでいると余計に冬の寒さが身に染みて、寂しく感じるのかもしれませんね……。

■まとめ

他にも「ドタキャンされた」「お金がないからどこにも行けないと言われた」など、さまざまな最悪エピソードが寄せられました。せっかくのクリスマス、できれば好きな人と笑って楽しく過ごしたいですよね。今年はみなさんにとって最高のクリスマスになりますように!

※『マイナビウーマン』にて2013年12月にWebアンケート。有効回答数200件(22歳~34歳の働く女性)

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]