お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 デート・カップル

男性は特別扱いに弱い? モテる女性が使う男性に近づくときのテクニックとは!?

モテる女性が男性に近づくときに、ほめたり、持ち上げたりして、男性に取り入るのを見たことはないでしょうか? 女性から見ると、「なぜ、こんな見え透いた手口に引っかかるの?」とちょっと不思議な光景ですが、これには立派な理由があるようです。男性が特別扱いに弱い心理について、まとめてみました。

【物静かな女性より、よくしゃべる女性がモテる?⇒】

■男性が特別扱いに弱いのは、実験でも証明済み?

男性が特別扱いに弱い心理を証明した、ひとつの実験があります。それがウィスコンシン大学の心理学者エライン・ウォルターが行った実験です。この実験で、コンピューター上で3つのタイプの女性(誰ともデートしない堅い女性、誰とでもデートをする軽い女性、被験者の男性にだけ好意を示す女性)の中から、好きな女性を男性に選んでもらったところ、男性が一番好意を持ったのが「被験者にだけ好意を示す女性」だったのだとか。

相手がどんなに魅力的で、すてきな女性だったとしても、やっぱり男性は「自分だけ特別に思ってくれる」女性に弱い傾向があるようです。

■特別扱いは、彼氏を出世させるのにも効果的

男性を特別扱いするのは、男性からモテるために必要なだけでなく、彼氏を出世させたり、前向きにさせたりする効果もあります。例えば彼氏の仕事ぶりがとても優秀であることをほめたり、人望が厚くてみんなから信頼されていることをほめたりすることで、彼氏がその通りになっていく可能性があるのです。

男性はほめられたり、注目されたりすると自己顕示欲が満たされ、快感や幸せを感じます。また一度それを感じると、再びそれを得ようとして、ますます頑張るのです。心理学用語では、このような特別扱いで起こる現象を「ホーソン効果」と呼びます。

男性からモテるためだけでなく、彼氏に出世してもらうためにも「特別扱い」するのは大切。男性をうまく立てられる女性が、モテる女性、デキる女性と言われがちなのは、この特別扱いがとてもうまいからなんです。

■職場の男性にも、「特別扱い」は効果テキメン

彼氏だけでなく、職場の男性にもっと仕事をがんばってほしいというときや、部下の男性にやる気を起こさせるときにも、「特別扱い」は効果テキメンです。ただし「えこひいき」はあらぬうわさを立てられる原因になったり、誤解を受けやすい行動のため、特別扱いし過ぎにはくれぐれも注意しましょう。

特別扱いが好きな女性は多くいますが、実は男性も特別扱いが大好きです。ぜひ恋愛で困ったとき、彼の気をどうしても引きたいときなどに「特別扱い」をしてみてはいかがでしょうか? 思わぬ進展があるかもしれません。

(ファナティック)

お役立ち情報[PR]