お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

酔って電話する男性心理。脈あり、脈なしを判断する方法とは

織田隼人(心理コーディネーター)

男性の中には、酔って電話をする人がいます。そのとき、男性の気持ちはどういったものなのか、気になる女性も多いかもしれません。中には、気になっている男性からの電話だと、相手も自分に好意を持ってくれているのかもしれない……! と期待する人もいるでしょう。今回は、酔って電話する男性の心理について、心理コーディネーター・織田隼人さんに教えてもらいました。

酔って電話をしてくる男性心理

酔ったときに電話をするということは、その相手のことが好きなのでしょうか。また、どのような心理状態で電話をしているのでしょう。

男性が酔ったときに電話する相手

男性が酔ったときに電話をしたくなる相手は「自分を元気づけてくれる相手」という傾向があるようです。酔ってみんなで騒いだりしたとしても、自宅でひとりになると、急にさみしさがこみ上げてくることも。もしくは陽気になって、楽しい会話ができる相手を求めることもあります。そういうときに「自分を元気にしてくれる女性」に電話をすることが多いです。

男性を元気にしてくれる女性は「自分を好きでいてくれる女性」、「優しくしてくれる女性」、「好きな女性」など。必ずしも恋心を抱いている女性に電話をするというわけではありませんが、少なくとも好印象な相手に電話をします。

酔ったときに電話をかけてくる男性心理

行動力が上がるから

お酒を飲んだことで陽気になり、無駄に行動力が上がった結果、気になる女性などに電話をする男性が多いようです。お酒を飲むと理性的な部分がなくなってしまうので、普段押さえつけている行動もとれるようになります。

急にさみしくなるから

お酒を飲んでひとりで帰ってくると、急にさみしさがこみ上げてくることがあります。そうなると、隣に誰かいてほしい、誰かと会話をしたい、という気持ちになります。こういうときに自分を慰めてくれたり、応援してくれたりする女性に電話をするパターンもあります。

酔ったこと自体を言い訳にできるから

酔っていること自体を言い訳にできるので電話をする、というケースもあります。こういうケースの場合は、脈ありで、普段はなかなか電話をするキッカケの持てない相手に電話をしているのです。

次ページ:脈ありかどうかを判断する方法

SHARE