お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
社会人になってから外食が増えたり、生活のリズムが不規則になったり、ハッと気づけば、ボディのシルエットもなんとなーくゆるんできたような……!? 肌のハリ感低下や、体のゆがみなど、20代半ばからは“ダイエット”だけでは解決しないお悩みも気になりはじめるお年ごろでは? そんな働く女子に向けて、簡単&楽しく実践できる、美ボディキープ術をお伝えします!
コラム ダイエット

下半身太りは治せる!? 実は簡単?“メリハリ美脚”になる方法

★“足首”を温めて代謝アップ&メリハリ美脚

「足首が冷えていると、足首の筋肉の柔軟性が下がり、筋肉が固まってしまいます。筋肉が固まると太くなり、メリハリのない足首のない脚になってしまうんです。また、足首が冷えていると、脚全体も冷えるので脚の筋肉も固まり太くなると言っていいでしょう」。そうだったんですね(ガ~ン)。

「いい筋肉とは、柔らかい筋肉のことです。柔らかい筋肉には、持続性と持久力があるので、いい筋肉がついていると代謝も上がります」。

「筋肉がついていない脚は、冷たいんです。自分の脚、触ってみてください。冷たくないですか?」。冷たいかも……。

「筋肉のない冷たい脚は、代謝が悪く老廃物も溜まりやすいむくみ脚です。むくんでいると、脚が太くなるだけでなく疲れやすくもなりますよ。ヒールのある靴をはいたときも、足首が固まりやすく、柔軟性が落ちます。筋や腱が張ってしまった状態になるので、ヒールでもむくみや疲れが出ます」。確かに、脚が重だるって思うことがあるかもしれません。

「そこで、オススメなのが、足首をまわすこと!」

「足首をまわして、足首の柔軟性を上げるだけで、足首や脚の筋肉が柔らかくなり代謝が上がります! むくみや疲れがとれ、足首が締まって、キレイなメリハリの脚になれますよ。足首の柔軟性が高いと、足首と連動している膝と股関節の柔軟性も高まるので、代謝が上がりやすく、むくみ知らずの本来のほっそりした美脚になれます」。メリハリのある女性らしい脚をつくりたいと思います!

★これでバッリチ・メリハリ! 美脚をつくる「足首まわし」

1)足首をまわす
長座し、かかとを床につけ、足首を外側にグルグルとまわす。反対に内側にもまわす。できるだけ大きくまわしましょう。
2)足の指先を床に這わせながら、足首をまわす
両足の指先を床に這わせながら、足首をまわします。内側と外側、両方行いましょう。
3)膝をまわす
膝を内側にクルクル、外側にクルクルとまわしましょう。膝をまわすことで、連動している股関節の柔軟性もアップします。

「メリハリのある美脚をつくるには、これだけで十分なんです!」えー本当ですか!?

「足首は、膝と股関節と連動しているので、足首をまわすだけで、膝と股関節が緩められます。股関節が緩く柔軟になると、体の巡りがよくなり代謝が上がるので、美脚にはとっても効果的なんです。お風呂でもできる簡単なエクササイズなので、ぜひやってみてくださいね。姿勢もよくなって、腹筋と背筋の強化にもなりますよ」。

やってみると、足首を動かすだけで全然ちがうかも! 続けてみようと思います。

★“足首”を冷やさず温めるためにできること4つ

1)スニーカーに靴下をはく
できるだけ足首を出さずに温める。
2)ストッキングをはく
たまにはストッキングをはく。ストキング1枚でも足首が覆われ、素足よりは冷え、美脚には効果的です。
3)しっかり湯船に浸かり脚を温める
素足にサンダルなどで外出した日は、帰ってからしっかり湯船に浸かって脚を温めましょう。
4)家では靴下をはく
なるべく、自宅にいるときなどは、靴下をはくなどして足首を隠して温めておきましょう。

次ページ【美脚づくりその2~水分代謝をコントロール?】

お役立ち情報[PR]