お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

仕事の電話が苦手。電話が嫌いな人の心理と克服法

織田隼人(心理コーディネーター)

仕事をする上で、電話をする必要があるけれど、電話が苦手という人は少なくありません。相手の顔が見えないことに対する不安や電話をしている姿を見られることに対する苦痛など、理由はさまざま。しかし、仕事である以上、克服したいと思う人も多いですよね。今回は、心理コーディネーターの織田隼人さんに、電話が苦手な人の心理と克服法について教えてもらいました。

電話嫌いな人に共通する心理とは?

電話が嫌いな人には、ある共通する心理があります。特に「集中して仕事をする」タイプの人が苦手意識を持ちやすいです。なぜなら、集中して仕事をしている最中に電話が割り込んでくるからです。電話の音や電話に対応する行動は、今まで集中していた仕事を妨げる存在でしかありません。そのため割り込んでくる電話を苦手と感じてしまいます。

SNSであれば文字のやり取りなので、電話に比べて自分のタイミングで対応できますが、電話はそれができません。また、電話をかけるときも、気持ちの切り替えが必要となり、集中が切れてしまうので嫌いになる人が多いです。

さらに電話は相手の表情が見えません。その分声に集中して、相手の心理を読み取ろうとします。その時間が長いと、疲れたと感じる人も多いようです。日常の中で、顔を合わせて話をしている状況であれば声に集中することは少ないですが、電話となると耳への集中が急激に行われ、疲労してしまいます。この疲労がある点も電話嫌いになる原因とされています。

次ページ:電話嫌いを克服する方法

SHARE