お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ボディケア

論文の引用動向、東京大学は3年連続で世界順位ダウン

情報サービス企業であるトムソン・ロイターは、毎年恒例となっている「論文の引用動向からみる日本の研究機関ランキング」の2013年版を発表した。

同ランキングは、学術論文の引用動向データを提供する統計データベース「Essential Science Indicators」に収録されている世界の研究機関情報から、日本の研究機関データを抽出・再集計し、論文の総被引用数順に並べたもの。

東京大学は、この統計をはじめた2002年から12年連続で、国内順位1位を堅持した。しかし、世界順位は17位となり、2012年の16位、2011年の13位から後退しつつある。

また、国内順位においては、昨年同様に総合・分野別ともに大きな変動はない。材料科学分野では、(独)物質・材料研究機構が東北大学と入れ替わり、国内順位1位を獲得。また、生物学・生化学分野には、(独)産業技術総合研究所があらたに国内順位トップ10にランクインするなど、独立行政法人の健闘がみられる。

日本が伝統的に強い材料科学、物理学、化学分野は、世界への影響力の強さを保持。また、生物学・生化学分野で国内順位2位の京都大学は、世界順位をひとつ上げて23位となった。

●世界の学術活動が活発化し、国外の被引用数が上昇傾向

中国やインドに代表される世界全体の学術活動の高まりにより、今回の分析では対象研究機関がはじめて5,000を超え、昨年比7.2%増となった。

そのため、日本は論文数、被引用数、平均被引用数のいずれも上昇を堅持しているものの、相対的な世界順位を下げる傾向にあり、これは、国外の研究機関の論文数、被引用数の上昇が日本のそれを上回っていることを意味している。

■総合ランキング(10位まで)

1位 東京大学(世界順位17位)
2位 京都大学(世界順位35位)
3位 大阪大学(世界順位47位)
4位 (独)科学技術振興機構(世界順位59位)
5位 東北大学(世界順位77位)
6位 (独)理化学研究所(世界順位114位)
7位 名古屋大学(世界順位133位)
8位 九州大学(世界順位146位)
9位 (独)産業技術総合研究所(世界順位150位)
10位 北海道大学(世界順位162位)

■材料科学ランキング(5位まで)

1位 (独)物質・材料研究機構(世界順位4位)
2位 東北大学(世界順位6位)
3位 (独)産業技術総合研究所(世界順位9位)
4位 大阪大学(世界順位19位)
5位 東京大学(世界順位21位)

■物理学ランキング(5位まで)

1位 東京大学(世界順位3位)
2位 東北大学(世界順位12位)
3位 京都大学(世界順位25位)
4位 大阪大学(世界順位27位)
5位 (独)科学技術振興機構(世界順位29位)

■化学ランキング(5位まで)

1位 京都大学(世界順位4位)
2位 東京大学(世界順位7位)
3位 (独)科学技術振興機構(世界順位11位)
4位 (独)産業技術総合研究所(世界順位14位)
5位 大阪大学(世界順位15位)

■生物学・生化学ランキング(5位まで)

1位 東京大学(世界順位3位)
2位 京都大学(世界順位23位)
3位 (独)科学技術振興機構(世界順位30位)
4位 大阪大学(世界順位33位)
5位 (独)理化学研究所(世界順位48位)

お役立ち情報[PR]