お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

え、そんなところで!? 意外な場所で出会ったカップル8選

ファナティック

男女の出会いは人それぞれ。必ずしもオーソドックスな出会い方ばかりとは限りません。中には「そんなところで!?」という思いがけない場所で出会ったカップルもいるようです。そんな驚きの出会いを果たしたカップルのエピソードを、働く男性に聞いてみました。

■地上1,000mの出会い

・「山登り。山の日に結婚した人。まだ山の日になる前に結婚」(33歳/機械・精密機器/秘書・アシスタント職)

・「登山サークルで途中リタイアしたときに知り合ったカップルがいた」(25歳/小売店/販売職・サービス系)

アウトドアが大好きなアクティブ派には心強いエピソードですね。趣味も極めれば結婚にたどり着くケースもあるようです。共通の趣味であるだけに話も合いそうですね。

■病床で手に入れた恋

・「病院のベッドで、看護師さんと出会って結婚した友達」(33歳/電機/技術職)

・「病院の看護師と患者。医者がいる中でよく勝った」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

実はけっこう多いこのケース。病気やケガを治すついでに結婚という幸せまで手にしてしまった人は少なくないようです。仕事とはいえ、自分が弱っているときに優しくしてくれるのはうれしいものですよね。

■運命の糸は国境を超える

・「旅先で出会って、違うところでもう一回であったこと」(32歳/運輸・倉庫/技術職)

・「オーストラリアにワーキングホリデーに行ったら中国人の女性と出会って一目ぼれした人がいて、自分はいったん日本に帰国したけどどうしてもまた会いたくなって、会える見込みもないのに再びオーストラリアに行き、奇跡的に再会して、今はその人と結婚しているという人がいる」(33歳/小売店/事務系専門職)

この人たちのすごいところは、日本から遠く離れた海外で出会い、それから再会を果たしていること。こんな広い地球上で意図せず再会できるなんて、見えない力が働いていると思わざるを得ません。

■たまたま居合わせた隣の人

・「野球場で隣になっただけで話が合ったらしい」(31歳/金融・証券/販売職・サービス系)

・「海外に一人で飛行機に乗っていたら隣の人と仲良くなって付き合った」(29歳/情報・IT/営業職)

もはやここまでくると、日常のどんなところに出会いが転がっているかなんてわかりませんね。どんなにささいなことでも、そのままスルーするかアンテナを張り巡らして敏感にキャッチするかでは、チャンスの数が桁違いです。

■まとめ

こんな出会いのエピソードを、結婚式の二人の紹介で話したらゲストからどよめきの声が聞こえること必至ですね。運命なんて信じていないという人も、理屈では解明できない出来事があることを認めざるを得ないでしょう。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年8月にWebアンケート。有効回答数100件(22歳~39歳の働く男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ