お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 出会い

男性がモテるためにこっそり努力していること4つ

ファナティック

観察眼が鋭く「人の内面を見抜くのが得意な女性」にモテるには並大抵の努力では追い付かないもの……。そこで社会人男性に、女性にモテるために「自分なりに気をつけていること・努力していること」を聞いてみました。

■体型維持はモテるための絶対条件!

・「体型維持。太らない様にする。摂取カロリーを考えたり、運動し中年太りに気を付ける」(39歳/小売店/事務系専門職)

・「お腹が出ないように、週2から3回前後、筋トレをしている」(39歳/小売店/事務系専門職)

・「顔のひげをそったり、顔の表情筋のトレーニングをして、老化を防いだり、極力栄養バランスを整え体重増加をしない」(34歳/医療・福祉/専門職)

モテるためには男性も「スタイル維持」が重要なキーワードに。ここを油断してしまうとすぐぽっこりお腹になり、非モテにつながってしまいますよね。年を取ると代謝が落ちるため、モテるため・健康のためにも運動する習慣は身に着けておきたい!

■女性への気配りや会話のうまさなど、中身を磨いて勝負!

・「ちょっとした気配り、なるべく気を遣わせないような態度や会話。向こうが話を聞いてほしいときは黙って最後まで聞いてから、共感できるところは共感しつつ自分の意見を最後に言う」(33歳/情報・IT/販売職・サービス系)

・「重たい物は持ってあげるなどして、お節介にならない限りで手伝うようにします」(29歳/金融・証券/事務系専門職)

・「見た目では勝負できないので、中身で勝負。さりげない優しさをアピールできるかできないか」(29歳/機械・精密機器/技術職)

外見は磨くのにも限度がありますが、内面は磨きようによってはどこまででも磨けるため、やりがいが感じられますよね。また実際、女性は男性の上記のような点に惹かれてしまうことも多いもの。男性が磨くべきは見た目のカッコよさではなく、中身だった!?

■髪やお肌のお手入れは男性も必須な時代に

・「髪の毛の手入れと眉の手入れ(ワックス等)。これを毎日行うようにしている」(28歳/情報・IT/技術職)

・「外見で不快な印象を与えないように、肌のケアやムダ毛の処理をしている」(35歳/建設・土木/技術職)

大切なのは中身とはいえ、女性の鋭い観察眼に「ムダ毛」や「肌荒れ」が引っかかってしまうことも……。モテるためには「減点対象になりそうな見た目の問題」もクリアしておきたいですよね。ここがキレイになるだけで、モテ度がだいぶ変わりそうです。

■とにかく連絡をマメにすること

・「マメに連絡を取るようにしたり、誕生日なんかも覚えて何かしようと試みる」(33歳/その他/その他)

・「マメに連絡をする。いろいろな話題で話をしたり聞いたりする」(34歳/その他/販売職・サービス系)

駆け引きテクは女性が使うと効果アリですが、男性が使うと「遊び目的なのかな」と女性に疑惑をもたれてしまうことも……。男性がモテるには、誠実なことが伝わる「マメさ」が大事ですよね。女性の情報も入手できて、細かい気配りにもつながりそうです。

モテるために外見を磨くことが多い女性に対し、男性はというと外見・内面の両面から自分を磨いている人が多いよう。それだけ女性は「見た目」ではなく、「総合点」で男性を見る人が多いのかもしれませんね。外見磨きに内面磨きに……男性はいろいろ大変!?

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ(2016年1月にWebアンケート。有効回答数402件。22歳~39歳の社会人男性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ