お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 メンタル

誰とも関わりたくなぁぁい! 会社で「ひとりきり」になれる空間4つ

ファナティック

自営業などの特殊な職場ではない限り、会社内で「ひとりきり」になれる空間はなかなかないと思います。上司がいたり、先輩がいたり、同僚がいたり……とにかく、必ずと言っていいほど、誰かがそばにいるはずです。でも、たまには、完全にひとりきりになりたい時間もあるはず……。では、オフィスの女性たちは、どんな方法で「ひとりきり」の時間を過ごしているのでしょうか。その実態を見ていきましょう!

■1.トイレ

・「トイレの個室。それ以外はすべて共有スペースで過ごしているから」(27歳/情報・IT/事務系専門職)

・「おトイレです。怒られたときは便座に座って深呼吸します」(24歳/金融・証券/営業職)

・「トイレの個室。ほかは誰がいつ来るかわからない」(30歳/機械・精密機器/事務系専門職)

・「トイレ。ひと息つける場所」(26歳/アパレル・繊維/販売職・サービス系)

完全個室になれる場所といえば、やっぱりココしかありません。ちょっとトイレの数が少ない職場だとためらいを覚えますが、たくさんトイレの個室がある場所ならば安心して、少しの間こもることができるというもの。会社で嫌なことがあったとき、リフレッシュの意味も込めてトイレに駆け込む女性も多いのではないでしょうか?

■2.職場の●●室

・「書類が置いてあるロッカー。作業に没頭できるから」(31歳/医薬品・化粧品/事務系専門職)

・「就業後数時間経った社室とか休憩室」(26歳/食品・飲料/技術職)

・「昼休みの会議室」(23歳/金融・証券/事務系専門職)

あまり人が寄り付かない資料室や会議室ならば、タイミングを見計らって、ひとりになることもできますね。ただ、人が来ないことをしっかり確認しておかないと、不意打ちで誰か来るなんてこともあるので要注意!

■3.階段

・「最上階付近の階段。最上階へはエレベーターで移動する人がほとんどなので、ここでならひとりでリラックスできる」(29歳/ソフトウェア/技術職)

・「非常階段。高層階なので、使う人がめったにいない」(34歳/情報・IT/技術職)

・「非常階段。あまり人が来ないから」(26歳/その他/その他)

ほとんどの人の移動方法がエレベーターである職場なら、階段も穴場と言えるでしょう。外の空気が吸える非常階段なら、よい気分転換になるかもしれません。

■4.更衣室

・「女子更衣室。めったに人が来ないので」(29歳/機械・精密機器/技術職)

・「更衣室。いつも人がいないから」(33歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「トイレと更衣室。ひと息つきたいときに行きます」(32歳/建設・土木/事務系専門職)

始業前と終業後程度しか人の出入りがない更衣室もねらい目。男性の目はまずありませんし、くつろぐことができるでしょう。ひと息つきたいときにこっそり行っているという女性の声が集まりました。

<まとめ>

多くの他人の目に触れる職場で過ごすひとりの時間は、貴重なリフレッシュタイムです。嫌なことがあったとき、イライラしてしまったときは、ひとりの時間を積極的に作って、気持ちを切り替えることも必要。さっさと仕事を終わらせて、早く帰りたいときほど、気分転換をすることで集中力を高めて、効率を上げていきましょうね!

(ファナティック)

※画像はイメージです

※マイナビウーマン調べ
調査日時:2016年8月18日~8月23日
調査人数:106人(22歳~34歳の女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ