お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
男女の本音 マネー全般

女性が1年で1番お金をかけているのはどれ? 「洋服代」or「化粧品代」or「美容代」

ファナティック

毎日清潔な服を身につけて、きちんとメイクをして、髪やネイルもととのえて……。働く女子の生活には、なにかと出費も付き物ですよね。洋服代や化粧品代、美容代などが、家計を圧迫するときもあるのではないでしょうか。こうした「女子の外見」にまつわる出費の中で、みんながもっともお金を使っているのは、どの項目なのでしょうか。女子たちの実態を、アンケート調査してみました。

Q.洋服代、化粧品代、美容代(髪のカットやカラー、エステやネイルなどにかかる費用)の3つだと、1年間でもっともお金をかけているのはどれですか?

「洋服代」……49.6%

「化粧品代」……25.2%

「美容代」……25.2%

約半数の女子がお金をかけているのが、「洋服代」であることがわかりました。それぞれを選んだ詳しいエピソードを教えてもらいました。

■洋服代と回答した女性の意見

●バリエーションが!

・「20万。季節によって買わなきゃいけないし、なんだかんだ高い」(22歳/自動車関連/事務系専門職)

・「30万円くらい。制服がないので、それなりにアイテム数が必要になる」(34歳/学校・教育関連/事務系専門職)

化粧品代や美容代は、支出品目がある程度決まっています。しかし洋服だけは、「これさえ買えばOK!」というものではありません。「あの子、いつも同じ格好……」なんて思われないためには、ある程度の投資が必要だと言えます。

●単価が高いです

・「5万以上10万以内かと。コートやワンピースなど単価が高いものを買うとやっぱり洋服代が一番かかっている気がする」(30歳/不動産/事務系専門職)

・「洋服は一つが高いので。化粧や美容はそんなに高いものを使わない」(34歳/金融・証券/専門職)

1万円あれば、そこそこいい化粧品は購入できても、お気に入りのワンピースが購入できるとは限りません! 特に冬には、コートやジャケットなど、大物がズラリ。自然と出費も増えがちなのかもしれませんね。

■化粧品代と回答した女性の意見

・「1万以内。美白にこだわっているので、専用スキンケアだけは唯一コストをかけている」(30歳/ソフトウェア/その他)

・「12万。毎月新しいコスメを取り入れるのが楽しいから」(27歳/建設・土木/事務系専門職)

毎日使う化粧品だからこそ、金額も大きくなりがちです。上手に節約する女子も増えていますが、「これだけは譲れない!」といったポイントを持つ女子も多いよう。「お肌の曲がり角」なんて言われる時期だからこそ、気を使っている方も多いのでしょう。

■美容代と回答した女性の意見

・「12~15万。マツエクをしてるから、定期的にするとそのくらいになってしまう」(29歳/医療・福祉/専門職)

・「美容室へ行くと気分がいいので、3万円は使っている」(27歳/ホテル・旅行・アミューズメント/販売職・サービス系)

美容に関連する場所は、働く女子たちにとって癒やしの場所! また手を抜くと、一気に老け込みやすいポイントでもありますよね。プロの手を借りれば、お金がかかるのは当然のこと! しかしそれ以上の見返りが期待できるのでしょう。

■まとめ

洋服代にもっともお金をかける!という女子が多いことがわかりました。年代や仕事の状況によっても、出費割合は変わってくるはず。あなたの場合はどうなのか、一度見直してみるのもいいかもしれませんね。

(ファナティック)

※画像はイメージです

※『マイナビウーマン』にて2016年7月にWebアンケート。有効回答数127件(22~34歳の働く女性)

お役立ち情報[PR]

おすすめコンテンツ