お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。
雑学 ライフ全般

日本の離婚率の高い都道府県 Top10

日本の離婚率の推移は増加傾向にあり、現在では結婚した3組に1組は離婚する時代となっているそうです。確かに離婚という言葉が特に特別な言葉ととらえる人は少なくなっているように感じますよね。では、都道府県別に見た場合、どの県が離婚率が高いのでしょうか?

【離婚歴が再婚に不利にならない? 現代とくらべて羨ましい「昔の婚活事情」】

日本の離婚率の推移の変遷

現在の離婚率をみる前に、これまでの日本の離婚率はどのくらいだったのでしょう? 数字だけで見ると2000年前後に離婚率は上がり、現在では少し減少気味になっています。しかしそれは結婚する人の数が減少していることを考えると、2000年以降の離婚率はあまり変化がないようです。
離婚率の推移が増加している理由としては寿命が延びていることや社会観の変化があげられます。また夫婦でいることの利点を見いだせず、寿命が延びることで熟年離婚をして女性も男性も新しい人生を送ることを求める人が増えているようです。また、女性が男性と同じように稼げる時代になったことも大きな要因なのかもしれません。
日本で増加している離婚率。では都道府県別の「離婚率」「離婚件数」でみるといったいどの県が多いのでしょうか?都道府県別に調べてみたのでご紹介します。

総務省が調査し、公表している「人口動態調査」の「離婚」に関するデータを見てみましょう。2014年9月に公表されたデータによると、都道府県別の離婚率は下のようになっています。

■離婚率の高い県 Top10

第1位 沖縄県……離婚率:2.59
第2位 北海道……離婚率:2.09
第3位 大阪府……離婚率:2.08
第4位 宮崎県……離婚率:2.08
第5位 福岡県……離婚率:2.04
第6位 和歌山県……離婚率:2.01
第7位 高知県……離婚率:1.94
第8位 東京都……離婚率:1.92
第9位 鹿児島県……離婚率:1.87
第10位 熊本県……離婚率:1.86

このデータは、人口1,000人当たりの(年間の)離婚率を比較したものです。
離婚率 = 年間離婚届出件数 /人口 × 1,000

1位は「沖縄県」、2位には「北海道」、3位は「大阪」ですから、日本の南北端の県・道とその真ん中辺りの府で「Top3」という、不思議なランキングとなっています。また、4位に「宮崎県」、5位に「福岡県」、9位に「鹿児島県」、10位に「熊本県」と、Top10内に九州から4県もランクインしています。

■離婚率の高い沖縄と九州

沖縄県が1位という結果をどのように考えますか? 意外に思われた方もいるかもしれませんね。九州勢も多くランクインしていることを見ても、南の地方は離婚率は高くなるのでしょうか。

一説によると、沖縄の男性は家事を手伝ってくれる男性が多いようですが、DVの被害件数も日本で一番多いそうです。それが離婚率1位の原因となっているのかもしれません。

また、亭主関白が多いとされる九州地方の男性像からも、離婚原因が見えてきそうですね。

では離婚率の低い都道府県を見てみましょう。

■離婚率の低い県 Top10

第1位 新潟県……離婚率:1.41
第2位 秋田県……離婚率:1.42
第3位 山形県……離婚率:1.47
第4位 富山県……離婚率:1.47
第5位 島根県……離婚率:1.5
第6位 福井県……離婚率:1.51
第7位 岩手県……離婚率:1.55
第8位 石川県……離婚率:1.58
第9位 岐阜県……離婚率:1.6
第10位 長野県……離婚率:1.63

なぜ新潟は離婚率が少ないでしょう? これも一説によると新潟の女性は気さくで明るく、誰にでもフレンドリーは人が多いとか。また、バイタリティがあり男性をも引っ張ってくれる力強さを兼ね備えているそうです。新潟の女性は男性からすると頼りになって一緒にいると落ち着ける存在なのかもしれませんね。

■離婚って雪国では少ない!?

離婚率の低い都道府県のランキングを見ると、気がつくことがありませんか? 1位の新潟県をはじめ、雪深いとされる地域が多くないでしょうか。6位まではすべて日本海側に面した都道府県ばかりです。離婚率の高いランキングと対照的ですね。

雪国の県民性として「我慢強さ」が挙げられると思います。雪国で暮らすって、我慢強くないとやっていけないですよね。そんな県民性が離婚率の低さに一役買っているのかもしれません。

単純に「離婚件数」だけで比較すると下のようになります。

■離婚件数の多い県 Top10

第1位 東京都……離婚数:2万4,855件
第2位 大阪府……離婚数:1万8,104件
第3位 神奈川県……離婚数:1万6,587件
第4位 埼玉県……離婚数:1万3,138件
第5位 愛知県……離婚数:1万3,077件
第6位 千葉県……離婚数:1万1,290件
第7位 北海道……離婚数:1万1,285件
第8位 福岡県……離婚数:1万290件
第9位 兵庫県……離婚数:1万47件
第10位 静岡県……離婚数:6,732件

件数比較ですと、やはり人口の多い都道府県が上位になりますね。特に東京、神奈川、大阪は離婚しても女性が仕事に困ることが少なく、女性が一人で生きていける土地柄であることが大きな理由なのでしょうか? ちなみに離婚件数の最も少ない県は「鳥取県」で、年間の離婚件数はわずか「979件」です。

北海道出身の中島みゆきさんの『北国の習い』という曲の歌詞に「離婚数は日本一」という部分がありますが、最新のデータでは北海道はそこまでではありません。確かに離婚率では2位、件数でも7位と高い数字なのですが。そういえば北海道は雪深い場所ですが、離婚率が高いのが不思議ですね。ほかの雪国とは国の成り立ちが違うことが関係しているのかもしれません。

■まとめ

いかがだったでしょうか。近年では女性の社会進出がどんどん進み、女性が男性に頼らないで自活できるようになってきたのも事実です。女性も男性に頼らずに生活できる時代であり、シングルでいる方が生活も恋愛も自由でよいと思う人も増えているようです。その意味では、離婚率の高い都道府県は女性が自活しやすく新しい出会いが多くある地域なのでしょうか!? あなたの都道府県ではどうでしたか?

⇒データ出典:総務省「人口動態統計」2014年9月11日公表より

(高橋モータース@dcp)

お役立ち情報[PR]