はやりの「ポイ活」、実際にやっている人はどれくらい?


キャッシュレス決済の普及と共に注目されるようになった「ポイ活」。ポイ活は「ポイント活動」の略で、電子マネーやクレジットカード、ポイントサイトなどでポイントをため、生活に活かすことを指します。上手にポイ活をすることで大きな節約効果も期待できますが、実際にポイ活を行っている人はどれくらいいるのでしょうか。20代30代の男女にアンケートで聞いてみました。

ポイ活をしている人の割合

Q. ポイ活(電子マネーやクレジットカード、ポイントサイトなどでポイントをためる活動)をしていますか?

・している……80.4%
・していない……19.6%
※有効回答数317件。単数回答式。小数点第二位を四捨五入

およそ8割の人がポイ活をしている

「している」の回答が「していない」を大きく上回り、80.4%。およそ8割の人がポイ活を生活の中に取り入れているようです。キャッシュレス決済が普及し、「ポイントキャッシュバック」「ポイント還元」という言葉を目にする機会が増えました。キャッシュレス決済をきっかけにポイントのお得さに注目するようになった人も多いのではないでしょうか。

みんなが実践しているポイ活

ポイ活をするのであれば、効率的にポイントがたまる方法を知っておきたいですよね。ポイ活をしている人たちは実際にどのようにしてポイントをためているのでしょうか。

キャッシュレス決済の活用

・「できる限りキャッシュレスでポイントをためるようにしている」(女性/37歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

・「クレジットカードが使える所ではクレジットカードを使う」(男性/37歳/派遣社員/その他)

・「PayPayやクレジットカードの使用」(女性/27歳/正社員(一般事務)/事務系専門職(マーケティング・企画開発・事業開発など))

キャッシュレス決済が普及した背景には、お得なポイント還元があるといえるでしょう。現金ではもらえないポイントがキャッシュレス決済ではもらえるとなると、キャッシュレス決済を活用したくなりますよね。

クレジットカードを使い分ける

・「用途によってクレジットカードを使い分けている」(女性/28歳/派遣社員/その他)

・「還元率が良いクレジットカードでポイントをためている」(女性/35歳/正社員(総合職)/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

キャッシュレス決済の1つであるクレジットカード払いは、店によっては特定のカードでよりお得にポイントが付くこともあります。お店によってポイントがたまりやすいカードで支払いをして効率的にポイントをためている人もいるようです。

ポイントサイトでためる

・「アンケートに答えてポイントをためてギフトカードをもらっている」(女性/26歳/公務員・団体職員/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「複数のポイントサイトやアプリで、毎週2,000円分以上をためている」(男性/30歳/正社員(一般事務)/専門職(金融・不動産・医療・福祉系など))

・「ポイントサイトでアンケートに答えたりクリックしたりでポイントをためている。家にいる時間に手軽にできる」(女性/36歳/パート・アルバイト/事務系専門職(法務・財務・人事・総務など))

支出をせずにポイントをためるにはポイントサイトを活用する方法もあります。アンケートに回答したり指定のゲームで遊んだり広告をクリックしたりすることでポイントが付与され、ためたポイントを換金することができます。スマホ1つあればできるので、手軽にできる副業として活用している人も多いようです。

まとめ

ポイ活は、株などの投資のように一気に大きく稼ぐことはできませんが、コツコツポイントをためることでお得に買い物ができたり節約できたり、生活に大きく役立ちます。上手にポイ活をして毎日の買い物を楽しんでみてはいかがでしょうか。

(マイナビライフサポート編集部)

※画像はイメージです

※マイナビライフサポート調べ
調査日時:2020年8月24日
調査人数:317人(22~39歳の男女)

【関連記事】
【PR】クレジットカードのポイント還元率とは!?高還元率クレジットカード特集

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください

※画像はイメージです

この記事のキーワード