【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

【医師監修】臨月に腰が痛い! もしかして陣痛? 出産前の腰痛対策

臨月のマイナートラブルとしてよくあげられる「腰痛」。なるべく負担にならないように、産後に持ち越さずにすむように、セルフケアしていきましょう!


臨月の腰痛、原因2つ

Getty logo

妊娠中には腰の痛みを訴える妊婦さんが多くいて、臨月にはとくに増えます。なぜ腰が痛むのでしょうか。原因からご紹介しましょう。

背骨のS字カーブがキツくなる!

人の体を横から見たとき、背骨はゆるいS字のカーブを描いているのが自然な状態です。しかし、妊娠してお腹が大きくなるにつれ、バランスをとるため、猫背になり、骨盤が前傾してきます。

つまり、S字のわん曲がキツくなり、大きなお腹の過重が集中的に腰にかかって、腰痛の原因になるのです。とくに立ち仕事など長時間、立位で過ごす人は、妊娠すると比較的早い時期から正しい姿勢が崩れ、腰の痛みを感じやすくなります。

体の出産準備が始まると腰に負担⁉

出産が近づくと、リラキシンというホルモンが分泌され、骨盤周辺の関節や靭帯がゆるみ、赤ちゃんの位置が下がってくるなど、体の出産準備が始まります。これは自然な変化ではあるのですが、腰の筋肉にはより負担がかかりやすい状態となるため、腰の痛みが増す原因になることがあります。

腰痛? 陣痛? どうやって見分ける

Getty logo

腰痛が強いのは出産の兆候?

原因のひとつとして紹介した骨盤周辺の関節や靭帯のゆるみは出産が近い兆候といえますが、必ずしも腰の痛みが強くなるとはいえません。臨月の腰痛≠(ノットイコール)兆候です!

陣痛を見分けるポイントは?

はじめは腰の痛みから始まることも多い陣痛ですが、陣痛と腰痛とをどうやって見分けたらよいでしょうか。陣痛の場合の主なポイントは次の3つ。個人差があり、一概にはいえませんが、見分ける参考にしてください。

・腰から痛み始めても、徐々に痛む位置が下りてくる
・立っていられないほど強い痛み
・痛みが規則的
・周期的に起こる




臨月の腰痛を防ぐマタニティライフ

Getty logo

仕事や家事で気をつけたいこと

立ち仕事だけでなく、座っている場合も、同じ姿勢を長く続けると腰に負担がかかります。なるべく胸を開き、骨盤が前傾しないようにしたいもの。収縮力のある素材で腰部をホールドし、座る際は姿勢維持を助ける背当てクッションなどを利用するのもよいでしょう。負担の少ない姿勢で過ごすことを心がけ、合間に体を動かしましょう。

また、一般的な腰痛対策と同様、不用意に重い物を持つのは悪化させる原因になります。大切な大きなお腹を抱えているのですから、重い物は周囲の協力を得て、自力で持たないようにしましょう。

腰痛を遠ざける軽い運動習慣

痛みが強いときは楽な姿勢で安静にしますが、ひと息ついたら体を動かしましょう。

お腹が大きくなった状態でバランスを保つため、S字カーブがキツくなるのは避けようがないですが、その姿勢で縮こまっていると、痛みが悪化しがちです。ときどき腰や背中、脇の筋肉を前後左右に伸ばしてほぐすストレッチを!

マタニティヨガやマタニティビクスなどには、腰痛を予防・改善する動きが必ずプログラムされていて、体力づくりにもなります。体調が良く、主治医からもとくに注意がない場合は、臨月でもそうした運動を続けることができます。

出産後に持ち越さないようにするためにも、臨月の腰痛を重症化させないよう、体をほぐす軽い運動を続けましょう。

腰痛予防に“ぬくぬく”しよう

腰痛がある場合は、とくに腰から下を冷やさないように気をつけます。ひざかけを使ったり、足浴をするなどがよいです。

また、パートナーに肩や背中をやさしくマッサージしてもらうのも、筋緊張をほぐし、腰痛予防・緩和を助けます。

臨月の腰痛をやわらげるケア法

生活の中で注意する姿勢

先にも述べたとおり、どのような姿勢も長く同じ状態でいないように気をつけることが大切です。そこで、最も注意が必要になるのが眠るとき。自然な寝返り運動を妨げない寝具を選びましょう。

体が沈んでしまうやわらかいマットレスは寝返り運動を妨げ、腰痛を悪化させることがあります。なるべくなら硬めのマットレスを選ぶほか、横向きで寝て、抱き枕を利用し、かかる過重が分散されるようにすると楽です。

また、第2子以降の妊娠のとき、とくに気をつけたいのは上のお子さんの抱っこ。腰痛があったら、立って抱き上げるのはなるべく避け、「座って、膝にのせる」スタイルにしましょう。

骨盤ベルトを活用しよう

骨盤をサポートしてくれる骨盤ベルトを利用すると、痛みが軽減することがあります。とくに臨月に入ってからなど、骨盤周辺の関節や靭帯がゆるみ始めてから腰痛が強くなった場合には、骨盤ベルトが腰の筋肉への負担を減らし、痛みをやわらげる効果を発揮することが多いようです。

妊娠中はやめておきたいこと

腰痛改善用の外皮薬や塗布薬の中には、赤ちゃんの発育に影響することがある非ステロイド性抗炎症成分などが含まれているものもあります。

産婦人科で処方してもらうか、市販品を買う場合は薬剤師に相談するなどして、安全なものを選びましょう。

まとめ

大切な赤ちゃんが育っている重いお腹のために起こる腰の痛み。臨月の腰痛を軽減し、重症化させないセルフケアで、なるべく痛みをやわらげ、あともう少しのマタニティライフを健やかに過ごしましょう!

この記事の監修ドクター
松峯美貴先生
医学博士、東峯婦人クリニック副院長、産前産後ケアセンター東峯サライ副所長(ともに東京都江東区)妊娠・出産など女性ならではのライフイベントを素敵にこなしながら、社会の一員として悠々と活躍する女性のお手伝いをします!どんな悩みも気軽に聞ける、身近な外来をめざしています。
http://www.toho-clinic.or.jp/

(文・構成:下平貴子/日本医療企画、監修:松峯美貴先生)

※画像はイメージです

参考文献
小学館刊「ウイメンズ・メディカ」
医学書院刊「臨床婦人科産科 2018年 4月号増刊号 産婦人科外来パーフェクトガイド?いまのトレンドを逃さずチェック! 」
産婦人科診療ガイドライン産科編2017
医学書院刊「ほんとうに確かなことから考える妊娠・出産の話」

※この記事は、マイナビウーマン子育て編集部の企画編集により制作し、医師の監修を経た上で掲載しました

※本記事は子育て中に役立つ情報の提供を目的としているものであり、診療行為ではありません。必要な場合はご自身の判断により適切な医療機関を受診し、主治医に相談、確認してください。本記事により生じたいかなる損害に関しても、当社は責任を負いかねます

※本記事は公開時点の情報であり、最新のものとは異なる場合があります。予めご了承ください。
※新型コロナウイルス感染症についての最新情報は、[内閣官房][厚生労働省]妊婦に関する情報[日本小児科学会]幼児に関する情報など公的機関等で発表されている情報をご確認ください。

関連する投稿


【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

【妊娠3ヶ月】人事への報告はそろそろ?保険の確認もしよう #ワーママへの道

妊娠発覚後、特に働いている方は、どのような手続をしたらいいのかわからず不安を感じるのではないでしょうか?上司の報告はいつすればいいのか、体調不良時どうしたら?など……ワーママ予備軍ならではの疑問にお答えします。今回は妊娠3ヶ月編です!


【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

【医師監修】ベビーローションの選び方・塗り方と人気のベビーローション5選

赤ちゃんの保湿に使うベビーローション。初めて使うときはどんなものを選べばいいのか、どうやって使えばいいのか気になりますね。選び方や使い方の基本を知って、毎日のスキンケアに役立てましょう。人気のベビーローションも紹介します。


【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

【医師監修】おしゃぶりはいつまで使っていい? 歯並びへの影響、上手にやめるコツは?

赤ちゃんのぐずりや寝かしつけ時の強い味方になってくれることもある「おしゃぶり」。しかし、いつまで使っていいのか、やめさせどきに悩む人もいるのでは。おしゃぶりはいつまで使っていいのか、やめる時期やその方法などについてまとめました。


【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

【医師監修】おしゃぶりに消毒はいつまで必要? 煮沸・電子レンジ・消毒液の違いと人気アイテム紹介

「赤ちゃんがぐずった時、おしゃぶりが活躍した」という経験のある人もいるのでは。日々赤ちゃんが口に入れるものですから、おしゃぶりは清潔にしておきたいですよね。そんなママやパパに向け、おしゃぶりの消毒について、必要なのかどうかやおすすめの期間の目安、方法などを紹介します。


【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

【医師監修】おしゃぶりにはどんな効果があるの? 歯並びへの影響は?人気のおしゃぶり4選

育児のお助けグッズ「おしゃぶり」。しかし、実際にどんな効果があり、どんな時に使えばいいのか、また注意が必要な点について、詳しく知らない人も多いのでは。おしゃぶりの持つ効果や上手な付き合い方などを確認してみましょう。


最新の投稿


離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のツナ缶はいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

ストックがしやすいツナ缶を常備しているご家庭は多いでしょう。もしツナ缶も離乳食に使えたら便利ですよね。今回は赤ちゃんにツナ缶をいつからあげられるか、汁は捨てた方がいいのか、離乳食ではどんな種類を選べばいいのかなどを解説します。中期・後期・完了期の赤ちゃん喜ぶツナ缶レシピも一緒にチェックしてくださいね。


離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

離乳食のいんげん(さやいんげん)はいつから?離乳食レシピ3つ【管理栄養士監修】

鮮やかな緑色のいんげんは、離乳食に彩りを添えてくれます。今回は赤ちゃん喜ぶ3つのいんげん離乳食レシピのほか、「冷凍いんげんはそのまま使っていい?」「うんちにそのまま出てきたけど大丈夫?」などの疑問について解説します。


離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳食のなすはいつから?中期・後期・完了期レシピ【管理栄養士監修】

離乳中期以降にオススメの食材「なす」について、赤ちゃんが喜ぶレシピを3つご紹介します。その他、リニュ食を作る際に知っておきたい下処理のコツ、加熱のコツ、焼くレシピでもアク抜きは必要かなどを解説します。


離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

離乳食の3回食はいつから?始め方や進め方など【管理栄養士監修】

2回食が順調に進み、落ち着いたら次は3回食に増やしてみましょう。「いつから3回食を始める?」「1回の量も増やしていくの?」などのママの疑問を解説します。


離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

離乳食で2回食の進め方は?献立表や量、よくある悩み【管理栄養士監修】

1日1回の離乳食をスムーズに食べてくれるようになったら、次のステップは1日2回食。「どんなタイミングで2回に増やす?」「量はどれくらいになる?」というママの疑問を1日の生活スケジュールを提案しながら解決していきます。