お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

女性に聞いた! 夏のドライブデートで気をつけている○つのこと

ファナティック

夏といえばレジャーの季節ですね! 海や川、プールなど水辺のレジャーもありますし、キャンプや花火といったアウトドアイベントもあるでしょう。こういったイベントにはみなさんドライブで出掛けることが多いのではないでしょうか? もし男性と行くなら、レジャーそのものだけでなく、ドライブデートにも気をつかうことがありますよね。世の女性たちはどんなところに気を付けているのか、アンケート調査を行いました。今年の夏ドライブの参考にしてみてはいかがでしょうか。

■やばっ、私ってニオう? ニオイ対策

・「汗のニオイがしないように制汗をしっかり」(32歳/情報・IT/技術職)

・「ニオイがこもると嫌だから、朝シャワーすることと、香水はつけすぎない」(30歳/金属・鉄鋼・化学/事務系専門職)

・「臭くならないように体のケアをする」(29歳/情報・IT/営業職)

ドライブの特殊性は、その密室性にあります。夏場はエアコンを効かせて窓を閉めますよね。そうすると、外でかいた汗のニオイが充満してしまうこともあります。もちろん男性も同じことですが、自分のニオイは自分では気づきにくいものなので、こちらがニオっているとすぐにバレてしまうのです。汗をかきにくくしておくことと、朝にシャワーすることは有効な対策になるでしょう。

■汗じみって目立つ! 服装選び

・「脇汗パッドする」(32歳/食品・飲料/販売職・サービス系)

・「脇の汗染み。灰色の服だと特に目立つので」(22歳/情報・IT/技術職)

・「座りっぱなしは太ももに汗をかいて悲惨なのであまり汗の目立たない服で」(29歳/建設・土木/事務系専門職)

・「短いスカートは履かない」(30歳/小売店/事務系専門職)

夏場の女性の悩み、汗じみ。脇をはじめ、背中やもも裏などもかきやすいものです。オシャレな洋服は汗じみが目立ちやすいものも多いので、「この服は汗じみが目立たない」と思う服を何枚か用意しておいて、ドライブデートにはその服を選びましょう。機能性インナーにはパッドがついているものもありますが、そのままホテルにも行く場合なんかには気になっちゃうこともあるでしょう。制汗剤などと併用して、その場に合った服とカラダで行きたいですね。

■接近するなら必須! ムダ毛処理

・「距離が近づくからむだ毛処理をしっかりとする」(30歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

・「ムダ毛の処理残しがないかどうか」(28歳/その他/その他)

夏場はただでさえ露出が多いのでムダ毛が気になるものです。さらにドライブでは接近することになるので、普段は手を抜きがちな太ももや二の腕なんかもムダ毛処理をきちんと行うようにしましょう。一度気になってしまうとすごく気になるものなので、色んな角度から鏡でチェックしておくといいですね。

■助手席って日が当たる! 日焼け対策

・「日焼けをしないようにこまめに日焼け止めを塗り直す」(27歳/人材派遣・人材紹介/事務系専門職)

・「日差し対策。長袖を一枚持っていって、ガラスからの日差しを覆う」(32歳/学校・教育関連/営業職)

・「ガラスの照りかえりで日焼けをするので絶対にタオルをかけるなどして防止する」(33歳/学校・教育関連 /事務系専門職)

ドライブでうっかりしがちなのが日焼けです。UVカットガラスが使われていることが多いのは確かですが、そのまま日に当たっていてはもちろん日焼けしてしまいます。まぶしさの軽減にはサングラスでいいのですが、腕や足の日焼け対策を怠らないようにしたいですね。

■夏ならでは! 飲み物に注意も

・「冷たい物を飲みすぎてトイレに行きたくならないようにする」(32歳/金融・証券/営業職)

・「熱中症や脱水症状にならないように気をつける」(31歳/団体・公益法人・官公庁/事務系専門職)

暑いからと言ってレジャーで冷たい飲み物を飲んでしまうと、渋滞にはまったときにトイレに行きたくなったりします。車内はエアコンでむしろ寒いくらいかもしれませんので、飲み物はあたたかいものを選んだほうがいいかもしれません。

いかがでしょうか。どれもうっかりやってしまいがちなことばかりですね。どれも準備ができることなので、しっかり対策して、デート自体に集中できるようにしたいものです。

(ファナティック)

※『マイナビウーマン』にて2015年6月にWebアンケート。有効回答数156件(22歳~34歳の働く女性)
※画像は本文と関係ありません

ファナティック

2011年10月創立の編集プロダクション。マイナビウーマンでは、恋愛やライフスタイル全般の幅広いテーマで、主にアンケートコラム企画を担当、約20名の女性ライターで記事を執筆しています。

この著者の記事一覧 

SHARE