お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

【Ep.16-18】立ち飲みオヤジがイケオジに!? あいの里、感動のラスト

#あいの里考察

やまとなでし子

さまざまな経歴を持つ35歳以上の男女が、田舎の古民家で共同生活を送りながらパートナー探しに挑む「あいの里」。もう一度恋がしたい彼らに運命の出会いはあるのか、それとも一人で去ることになるのか。Netflixで2023年5月2日に配信スタートした直後から大きな反響を呼んでいる本作を、コラムニスト・やまとなでし子さんが考察します!

※このコラムはNetflixで配信中の「あいの里」全話のネタバレを含んでいます。

Netflixリアリティシリーズ「あいの里」独占配信中

はじめまして、さようなら。新住民ベイブル

新住人・ベイブル。劇団四季などを経て、現在はイベント演出家として活躍する彼は見た目からとても個性派。そんな彼は中身においてもこだわりがとても強く、クロールの息継ぎが下手な女子や、パンツをブーツインする女子はいや! という、針の穴に糸を通すような細かいこだわりを初日から披露。ブーツイン女子はいや、ってお前それ安室ちゃんの前でも言えんのか?! 逆にどんな人が好きなのかも聞いてみたかったですね。こだわりのある彼のお眼鏡にかなうのはどんな女子なのか興味があります。

そんな新住民であるベイブルは以上の活躍をもって終了しました。お疲れ様でした。あいのりもそうだったけど、最終回間際の参加は不利だよね。

41歳 VS 60歳の女の奪い合い

絵本作家・みな姉に心を寄せる、アニメプロデューサー・沼ぴぃ(41)と大家業・中さん(60)。沼ぴぃとは飼ってる犬種や別宅のある場所、芸術系大学の出身であることや親の職業など、びっくりするレベルで共通点が多く、恋のライバル中さんがいなかったらそのままトントンと仲が深まりそうな勢い。

しかし、中さんも負けてません。「理想の恋愛を一言ずつ」というテーマを出し、沼ぴぃは「ドキドキは欲しい」と答える中、みな姉が「もうドキドキとか、なくていい」と返します。

そこで中さんがマウンティングを開始! 「これ!進研ゼミで出たやつだ!」とばかりに、以前みな姉から聞いた価値観を「俺も〜」とばかりに繰り出します。

「恋愛はいつか冷める。40代と60代の会話はやっぱ違う」と線引きをして、未婚と既婚、年代の違いを沼ぴぃの前で大いに押し出すのです。そしてみな姉を個人で誘い出す。中さんの強みって、自分の気持ちに素直でグイグイいける積極性ですよね。沼ぴぃももっとグイグイ行ってほしかった……。

思ったことが全て口から出る素直すぎる男、中さん

中さんの連れ出しは相変わらずのディスカッションスタイル。ともちんの時も「2人が付き合ったらどうなるのかシュミレーションしていこう!」と、議題を投げかけてましたが、今回も「本日はお互いのマイナス面について語りましょう」と、テーマを持ってきてディスカッションするんですよね。

なんとなくいいムードを作って気づいたら恋していた……ではなく、最初から議題をバンバン議論しあって、相手を確かめていくのはやっぱり「恋ではなく、最後のパートナーを探しにきた」からなんだなと。

「みな姉といけそうだなー」とか、ちょいちょい一見上からとも取れる発言をするんですが、だんだん中さんがわかってきました。

全てにおいて悪気がなく、とにかく素直。思ってること、感じてることそのまま出てしまう、嘘がつけない。悪意とか、上からとか全然そんな意図はなくて、本当にそう思っただけ。浮気とかできないし、しても秒でバレそうなタイプです。

中さんの宣戦布告とタイミング

中さんはみな姉への気持ちを伝えるべく、鐘を鳴らすことを決意します。そして、ライバル沼ぴぃにそれを宣言するのです。

「自分は鐘を鳴らしにいく。沼ぴぃも鳴らしてもらってもいいし、沼ぴぃの幸せを追い求めて」と正々堂々と伝える中さん。かっこよかった。

しかし、まだみな姉とそこまでの時間を過ごしたわけでもない、沼ぴぃが決断するには早すぎるタイミング。沼ぴぃとしてはもう少し時間が欲しかったですよね。そこで沼ぴぃは、みな姉との関係をもう一度考えさせられ、まだそこまでの決意がない、と身を引くことにします。もう少し時間があったら、それを凌駕する気持ちが育っていたかもしれないし、本当恋ってタイミングですね。

中さんが「ちなみにさぁ」と沼ぴぃに質問し出した時は、「資産いくらある?」とか、また金の話でもしだすんじゃないかとヒヤヒヤしましたが違いました。よかった。

あいの里1の名シーン爆誕

沼ぴぃに宣戦布告したその足で鐘を鳴らしにいく中さん。

貯めに貯めてから、一発入魂的な感じでカーーン!とぶっ壊れそうなほど力強く鳴らす様子は、まるで除夜の鐘のよう。と思ったのも束の間、カンカンカンカン!!! と狂った住職のように鐘を鳴らしまくり、視聴者大困惑のち大爆笑。あれは爆速で108回鳴らして、一瞬ともちんにぐらついちゃった中さんの全ての煩悩を取り去ってから、告白しようという高速除夜の鐘だったのでしょうか? 何も知らない人が聞いたら、「何かの警報なのか?」と避難してしまいそうな勢いです。

Netflix公式YouTubeに鐘のノーカット版出てたんで、ぜひみてください。何度みても笑えるのですが、見るたびに中さんの気持ちがどんどん胸に染み入って徐々に泣けてきます。

冗談はさておき、中さんにとって、あれは大きな決意の鐘。亡くなった奥さんのことが忘れられず、何度も夢に見て、現実に引き戻されるたびに亡くなったことを実感し、まだまだ奥さんの死から立ち止まってしまっていた中さん。

あいの里でも何度も思い出し、涙する姿が見られました。そんな中で、みな姉に告白する、というのは、中さんにとって大きな第一歩であり、奥さんのことを思いながらいろんな葛藤が渦巻いていたことと思います。

そんな、みな姉への告白の決意と、奥さんの死との悲しみから一歩進み出すという勇気と決意が混ざった鐘なんだと思います。

Netflixリアリティシリーズ「あいの里」独占配信中

黒いアゲハ蝶とオヤジの浮気心が招いたNO

そんな中さん告白の答えはまさかのNO。中さんはきっとまだ奥さんのことから次へ踏み出すフェーズにいない、ということと、黒いアゲハ蝶に朝出会ったことが決め手だったというみな姉。黒いアゲハ蝶には「亡くなった人からのメッセージ」という意味があり、亡くなった奥さんからのメッセージだと受け取り、断る決意をしたと。

中さんがまだ奥さんのことから吹っ切れていないはず、というのが、相手思いなみな姉だからこその決断で、すごく胸が苦しくなりました。

しかし、まさかの後日! 2人はあいの里を出てから結ばれ、婚約までしていました。本当に良かった! そして後日談で、断った理由の一つに、「ともちんにぐらついてたから信じきれなかった」とナレーションされていて、「おい!ジジイ!」が招いた結果なの、ちょっと笑いました。

金にシビアな中さん。まさかのハリーでサプライズ

中さんは、表参道の4,000円ランチに躊躇したり、最安で飲むためにコンビニ酒を路上飲みしたりするなど、お金になかなかシビアな価値観を見せていました。みな姉との朝日を見るデートでも、朝日が明けて最高にいい感じな場面で「直で聞くけど、月どれくらいで生活されてます?」と、いやここじゃなきゃだめだった!? と困惑するほど。

しかし、みなさん。Netflix公式の「あいの裏・カップル会」見ましたか?そこにはいじりがいがありそうな中さんの裏表のないキャラはもちろんのこと、イケオジすぎる後日談があったのです。

みな姉が「婚約指輪の理想はハリーウィンストンだけど、1万円の偽物でいいよ」と言ったことがきっかけで、ハリーの婚約指輪をサプライズプレゼントしていたのです。ハリーといえば、婚約指輪の最高峰。余裕で100万は超えます。中さん、路上立ち飲みのどけちオジだと思っててごめん。やる時はやる男すぎで、イケオジ度爆上がりでした。お幸せに!

永久名誉住民、アンチョビ

相関図に全く食い込まないまま、孤高の一人を貫いたアンチョビ。彼もYouTubeでなぜ勘違いしたのかを語っていて、愛くるしさ爆発してるのでアンチョビファンはぜひ見てみてください。シーズン2以降がもしあるなら、アンチョビには彼女ができるまで、毎シーズンずっとあいの里に住み続けてほしい……! それでも恋人ができなかったら、永久名誉住民か、はたまた管理人か、座敷童子的な存在になってしまいますが。

たくさんの幸せの形と爆笑を与えてくれた、あいの里。今までの恋愛リアリティとは一味も二味も違う、新鮮な面白さが詰まっていて、あまりに夢中になりすぎて配信終了まで一瞬でした。ぜひシーズン2の配信、お待ちしています!

(やまとなでし子)

※この記事は2023年06月15日に公開されたものです

やまとなでし子 (コラムニスト)

大和撫子とは対極にいるアラサーJK(女子会社員)。バチェラーを始めとした恋愛リアリティ番組、ドラマ、合コン、婚活、過去出会った世にも不思議な男性たちや日常についての備忘録をTwitterとブログで綴っている。インスタでは綺麗めファッションコーデを日々更新。

Twitter:@yamatonadeshi5
Instagram:yamatonadeshi5
ブログ:男性見聞録

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#あいの里考察」をもっと見る

MORE

SHARE