お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「存じます」の正しい使い方とは? 例文や言い換え表現を解説

にほんご倶楽部

「存じます」という言葉が正しく使えると、ビジネスシーンなどでスマートな印象を与えることができます。この記事では、「存じます」の正しい意味と使い方を例文付きで解説。併せて、言い換え表現や注意点をご紹介します。

「存じます」は謙譲語の一種で、へりくだった表現をすることで相手への尊敬の念を伝えられる言葉です。

敬語には「謙譲語」「丁寧語」「尊敬語」があり、それぞれ使う場面や相手が異なります。ビジネスシーンでは、きちんと正しい敬語を使いこなすことで、相手からの信頼獲得にもつながるでしょう。

この記事では、「存じます」の意味や正しい使い方、言い換え表現を解説していきます。

「存じます」の意味とは?

ビジネスシーンでよく見かける「存じます」という表現。意味をきちんと理解できていますか?

まずは、「存じます」の意味をおさらいしておきましょう。

存ずる(ぞんずる) の意味
[動サ変][文]ぞん・ず[サ変]
1 「知る」「承知する」の意の謙譲語。「知らぬ―・ぜぬでらちがあかない」
2 「思う」「考える」の意の謙譲語。「お変わりなくお過ごしのことと―・じます」

出典:『デジタル大辞泉』(小学館)

「存ずる」には「知る」「承知する」という意味と、「思う」「考える」という意味の2種類があります。敬語としては、どちらの意味で使っても構いません。シーンに合わせて使い分けをしましょう。

「存じます」は、謙譲語として自分がへりくだった表現をすることで、相手への敬意を示すことができる表現と言えるでしょう。

「存じます」の使い方(例文付)

「存じます」は謙譲語の一種であることから、上司や先輩、取引先など目上の人に対して使用します。「思います」や「考えます」を使ってしまいがちですが、フォーマルなシーンでは、「存じます」の方がより適切です。

また、「存じます」はメールだけでなく口語でも使える便利な言葉です。言葉の使い方を、例文と共に見ていきましょう。

自分の意見を伝える時の使い方

前述のとおり「存じます」は、「思います」の謙譲語として使用することができます。「○○だと思います」をより丁寧に表現したい時は、「存じます」を使うと良いでしょう。

例えば「ありがたく存じます」は、「ありがたく思います」の謙譲語として使う例です。相手へお礼を伝えたい時は、「ありがとうございます」「感謝しております」の他に「ありがたく存じます」という表現も使えるとよりスマートな印象が与えられます。

例文

・「○○様にはいつもお気遣いいただき、ありがたく存じます」

・「本日はお忙しい中、弊社までお越しいただきありがたく存じます」

依頼をする時の使い方

「存じます」の使い方としては、相手に何かを依頼する時に謙虚な姿勢をアピールする表現もあります。

メールやチャットで頼み事をする時は顔が見えないため、伝え方に気をつけなければ威圧的な印象を与えかねません。そこで「お忙しいこととは存じますが」と頭につけることで、相手を慮った柔らかい印象を与える効果があります。

また、「◯◯してもらえるとありがたく存じます」というのも依頼する形として使用できますよ。

例文

・「お忙しいこととは存じますが、◯日までにお返事をいただけますでしょうか」

・「お手数をお掛けして恐縮ですが、ご確認いただけますとありがたく存じます」

▶次のページでは、「存じます」を使う時の注意点を解説します。

次のページを読む

SHARE