お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

眉毛を左右対称に書く方法とは? バランスの整え方とメイクのコツ

BEAUTY MANIA

眉毛をメイクする時、左右対称に書くにはどんなポイントを知っておくと良いのでしょうか? この記事では、バランス良い眉毛を書くためのコツと注意点を紹介します。

眉毛を左右対象に書くのが、なかなか難しいと感じることはないでしょうか? バランス良く書けず、非対称になってしまう人も少なくないはず。

そこで今回は、眉毛を左右対称に書く方法と注意点を紹介します。

眉毛を左右対称に書く方法

さっそく、眉毛を左右対称に書く方法について具体的なポイントを見ていきましょう。

(1)顔が均一に明るくなる場所でメイクをする

眉毛を左右対称に書くには、メイクをする環境がポイントの1つ。

暗い場所やどちらか一方だけ暗く見えてしまうような場所でメイクをすると、眉毛のニュアンスを確認しづらくアンバランスになってしまう可能性があります。

そのため眉メイクをする時は、どちらの眉にも均等に光が当たる場所を選ぶようにしましょう。

(2)黄金比を意識して位置を決める

眉毛の黄金比とは、眉がうつくしく見えやすいバランスのこと。

眉メイクをする時は、眉毛の黄金比を参考に眉頭・眉山・眉尻の位置を決めましょう。

眉頭
・目頭の真上~2mm程度内側

眉山
・黒目の外側~目尻の延長線上(眉全体の2/3くらい)

眉尻
・小鼻と目尻を結んだラインの延長線上
・眉頭の下側と同じくらいの高さ

基準を持っておくことで、左右対称に眉毛を書きやすくなります。

(3)眉頭と眉山の高さを確認

眉毛を左右対称に書くには、両方の眉頭と眉山の高さがそろっているかも重要なチェックポイントです。

いくら丁寧にメイクをしても、これらがそろっていないと、全体的にちぐはぐなイメージを与えてしまいます。

逆に最低限この2点が左右対称になっていれば、眉のバランスはグッと格上げされるのです。

(4)メイクの時はバランスを見て少しずつ書く

眉メイクをする時は、左右のバランスを見ながら少しずつ書いていきましょう。

基準となる方の眉毛を仕上げて、もう片方はそれをお手本にしながら書いていくのがおすすめ。

その際、一気に仕上げてから左右を比べるとバランスが非対称になっている可能性があるため、見比べながら少しずつ書き足していくのがおすすめです。

(5)ノーズシャドウで眉頭の太さをそろえる

眉毛の生え方のクセで眉頭の太さに左右差がある場合は、ノーズシャドウを活用するのがおすすめ。

眉頭下のくぼみから鼻の付け根にかけて、三角形に影を入れることで顔に立体感がでます。

そして、陰影によって眉頭の左右差も軽減されるメリットもあるでしょう。

(6)眉マスカラを使う

眉メイクの仕上げに眉マスカラを使うのもおすすめ。

アイブロウペンシルやアイブロウパウダーだけでくっきりとラインを引いただけだと、左右の非対称が目立ちやすくなります。

しかし、眉マスカラで毛流れを整えふんわり仕上げることで、多少の左右差は軽減することができるはずです。

(7)書き心地の良いアイテムを選ぶ

眉毛を左右対称に書くには、使い勝手の良いアイテム選びも重要なポイントです。

なめらかに書けるアイブロウペンシルや細かいところまで演出できるブラシなど、お気に入りのアイテムを探してみましょう。

特にメイク初心者の方は、持ちやすさに配慮されたアイテムを選ぶと、ラインがブレずに書けるのでおすすめです。

次のページを読む

SHARE