お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

眉マスカラの使い方! 上手に仕上げるコツも紹介

BEAUTY MANIA

眉マスカラの使い方がいまいち分からず、手を出せていないという人はいるかもしれません。そこでこの記事では、眉マスカラの基本的な使い方と上手に仕上げるコツを解説。また、眉マスカラを選ぶ時にチェックしたいポイントも紹介します。

眉マスカラは眉毛を1本1本カラーリングできるので、パウダーよりしっかり発色してくれます。髪よりも少し明るい色を使うと、軽やかで優しい印象をつくることが可能。

また、全体にボリュームが出てふんわり自然な雰囲気に仕上がるのもメリットです。

そんな便利な眉マスカラですが、使い方がいまいち分からず活用できていない人もいるかもしれません。

そこで今回は、眉マスカラの基本的な使い方と上手に仕上げるコツを解説します。

また、眉マスカラを選ぶ時にチェックしたいポイントも紹介しているので、何を選んだら良いか分からず迷っている人も参考にしてみてください。

眉マスカラと眉メイクの順番はどっちが先?

眉マスカラは、眉メイクの最後に使うのが基本です。ざっくりと「アイブロウペンシルなどで輪郭を取る→パウダーで眉中を埋める→眉マスカラ」と覚えておけば問題ないでしょう。

こうして最後にマスカラを使えば、ふんわり感をキープできます。

ちなみに、マスカラだけで眉メイクを済ませるのはあまりおすすめできません。眉が薄い人は特に、マスカラだけだとぼんやりした印象になりがちだからです。

事前にペンシルやパウダーでしっかりラインを整えることで、きれいな眉毛に仕上がりますよ。

眉マスカラの使い方

それでは、眉マスカラの使い方を見ていきましょう。ここでは、既にアイブロウペンシルやパウダーでの眉メイクは終わっているものとして解説していきます。

STEP1:眉マスカラの余分な液をティッシュオフする

容器から出してそのままのブラシには、液がつきすぎている場合が多いです。

余分な液は、地肌へついたり眉毛につきすぎてのっぺりした仕上がりになったりするため、あらかじめオフしておきましょう。

オフする時は、ブラシをティッシュなどに優しくポンポン当てればOKです。

STEP2:眉尻から毛流れに逆らって塗る

まずは眉尻から眉頭へ向けて、毛流れに逆らって塗っていきましょう。こうすることで、眉毛の1本1本にしっかりと色がつきます。

また、眉毛が立ってボリュームアップして見えるので、ふんわり仕上げる効果も期待できます。

STEP3:眉頭から毛流れに沿ってブラッシングする

眉全体に色がついたら、今度は眉頭から眉尻へ、毛流れに沿ってブラシを当てていきます。ブラッシングがメインなので、液をつけ足す必要はありません。

STEP2で立てた毛並みをつぶさないよう優しくといて、ふんわり仕上げることを意識しましょう。これでナチュラル眉の完成です。

次のページを読む

SHARE