お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

眉毛メイクに必要な道具とは? 初心者が押さえておきたいアイテム一覧

BEAUTY MANIA

眉毛メイクの道具にはたくさん種類があるため、初心者さんの中には何からそろえれば良いか迷う人はいるでしょう。そこで今回は、眉毛メイク初心者さんが押さえておきたいアイテムを紹介。また、各道具の基本的な使い方や選び方、眉毛の描き方も解説します。

アイブロウペンシルにリキッドアイブロウ、アイブロウパウダーなど、眉毛メイクのアイテムはたくさん存在します。

メイク初心者さんは「何を買えば良いか分からない」「そもそも何に使うアイテムなのか分からない」と悩むこともあるでしょう。

そのせいで、気になっている道具を買う決心がつかず、なかなかメイクの幅が広がらない……という人もいるかもしれません。

そこで今回は、眉毛メイク初心者さんが押さえておきたいアイテムを紹介。また、各道具の基本的な使い方や選び方、眉毛の描き方も解説します。

眉毛メイクの道具リスト【初心者編】

まずは、初心者さんが覚えておきたい基本的な眉メイクアイテムを紹介します。

(1)アイブロウペンシル

アイブロウペンシルは、眉の輪郭を取ったり毛が薄い部分へ描き足したりするのに使えるアイテム。

芯を繰り出して使うタイプと、鉛筆のように木軸を削って使うタイプがあります。

繰り出し式のペンシルは芯が柔らかく軽いタッチでもよく発色するため、しっかりラインを引きたい時に便利です。軸を回せばすぐ芯が出てくるので手間もかかりません。

鉛筆タイプは芯が比較的硬いので、繰り出し式よりも色乗りが控えめな傾向にあります。削る手間はありますが、自分で好みの太さに調整できるのがメリットです。

(2)リキッドアイブロウ

リキッドアイブロウは、細いペン先で地毛のように繊細なラインを引けるのが特徴。

また、アイブロウペンシルよりも水や汗に強い製品が多く、長時間崩れにくいというメリットもあります。

そのため、リキッドアイブロウは自然な眉毛を長時間キープしたい人におすすめです。

(3)アイブロウパウダー

アイブロウパウダーは線で描いていくペンシルと異なり、ブラシでふんわり色を乗せられるのが特徴。

また、複数色セットになった商品も多いため濃淡がつけやすく、立体感のある自然な眉を演出するのにも便利です。

そのため、柔らかい印象に仕上げたい時はペンシルよりもパウダーがおすすめ。

アイブロウだけでなくノーズシャドウとしても使えるため、メイク道具のコストを抑えたい初心者さんにはありがたいアイテムです。

ブラシを使うのが苦手な人は、軸先端のチップからパウダーが出てくるペンシルタイプのものだと使いやすいかもしれません。

(4)アイブロウブラシ

一口にアイブロウブラシといっても、さまざまな種類があります。中でもメジャーなのは、写真にある「(1)平ブラシ」「(2)丸ブラシ」「(3)スクリューブラシ」でしょう。

平ブラシは毛先がまっすぐ斜めにカットされたブラシのこと。適度なコシがあり、先を立てれば眉尻などの細いラインを描くのに、寝かせれば面を塗るのに使えます。

丸ブラシは平ブラシより柔らかく毛足が長いため、ふわっとパウダーを広げるのに適しています。

スクリューブラシは、独特の形と硬い毛足が特徴。眉の毛流れを整えたり、はっきり描きすぎた部分をぼかしてなじませたりするのに便利です。

(5)眉マスカラ

眉マスカラを使うと、簡単に眉色を変えられます。眉毛を1本1本カラーリングできるため、パウダーよりはっきり発色してくれるのが強み。

眉と髪の色が違いすぎると違和感の原因となるため、特に髪を染めている人は統一感を出すのにぜひ活用したいアイテムです。

また、眉マスカラを使うと毛にボリュームが出るため、ふんわり自然な雰囲気に仕上げたい時にも使えます。

次ページ:眉毛メイクの道具はどう使う?

SHARE