お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

眉毛の書き方を初心者さん向けに解説! 必要な道具や上手に書くコツも紹介

BEAUTY MANIA

眉毛の書き方に自信がないメイク初心者さんは多いはず。また、ペンシルやパウダーなど眉用のアイテムはたくさんあるので、何をそろえれば良いか迷う人もいるでしょう。今回は、初心者さん向けに基本的な眉毛の書き方や必要な道具、上手に書くコツを紹介します。

眉毛は顔の印象を左右する大切なパーツです。だからこそ、特に初心者さんは「どう書けば良いか分からない……」と悩むことも多いのではないでしょうか。

しかし、難しいテクニックは使わなくても、理想的な眉の形に合わせて眉頭・眉山・眉尻の位置をしっかり決められれば、仕上がりはだいぶ変わってきます。

そこで今回は、基本的な眉毛の書き方について、理想とされる「眉の黄金比」と共に解説。また、必要な道具や上手に書くコツも紹介します。

まずは理想の眉毛を確認しよう

眉毛には、うつくしく見えやすい「黄金比」と呼ばれる比率が存在します。これは主に眉頭・眉山・眉尻の位置関係を決定するもので、それぞれの目安となる位置は以下の通りです。

眉頭
目頭の真上~2mm程度内側

眉山
黒目の外側の延長線上

眉尻
小鼻と目尻を結んだラインの延長線上。眉頭の下側と同じ高さ

眉毛がいくらきれいに書けていても左右非対称だとアンバランスで散らかった印象になるため、両眉の角度・長さ・太さ・色を同じにすることも大切です。

眉毛を書くのに必要な道具

眉毛用のメイクアップアイテムにはさまざまな種類がありますが、最低限以下のものをそろえれば基本的な眉メイクには困らないでしょう。

・アイブロウペンシルorリキッドアイブロウ
・アイブロウパウダー
・アイブロウブラシ(平ブラシ、スクリューブラシ)

髪色が明るい人は上記に加えて眉マスカラを使うと、眉が浮かず自然になじみます。

参考記事はこちら▼

眉毛メイクの道具と使い方について、詳しくはこちらの記事でも解説しています。

次のページを読む

SHARE