お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ユッカの風水効果とは? 運気を上げる置き場所・方角を解説

mapy

運気を上げるユッカの置き場所【部屋別】

ここからは、ユッカが持つ開運効果をさらに高めてくれる置き場所についてご紹介します。まずは、ユッカと風水的に相性が良い部屋を見ていきましょう。

Check!
インテリア風水のやり方とは? 家の運気を上げるコツ #李家幽竹の風水ハック

玄関

玄関は、家に入ってくる全ての気の出入り口です。良い気を招き入れるのも、悪い気を入れてしまうのも玄関の状態次第だと言えるでしょう。

この場所にユッカを置いておくことで、悪い気を家の中に入れるのを防ぐ、魔よけ効果が期待できます。

「最近ついていない」と感じる人は、玄関にユッカを置いてみましょう。ユッカが持つ風水パワーが、住人を守ってくれるかもしれませんよ。

リビング

リビングは、家庭運や健康運をつかさどる「土」の気を持っています。気の流れが悪いと、イライラすることが増えたり、家族関係が悪化しやすくなったりする可能性があります。

強い陽の気を持つユッカをリビングに置くことで、悪い気を浄化してくれたり、住人に活力をもたらしてくれたりといった風水効果が期待できますよ。

人は目で見たものから運気を吸収するといわれるので、目につきやすいテレビ周りなどに置いてみてはいかがでしょうか。

書斎・仕事部屋

前述のとおり、ユッカには成長や発展を促す風水パワーが宿っています。書斎や仕事部屋にユッカを置いておくことでモチベーションが高まり、仕事運アップにつながる可能性があるでしょう。

「仕事で目標を達成したい」「集中力やモチベーションを高めたい」と考えている人は、書斎や仕事部屋にユッカを置くのがおすすめです。

運気を上げるユッカの置き場所【方角別】

風水において、方角は大きな意味を持ちます。ユッカが持つ風水効果を高め、さらに運気を上げられる方角は以下の通りです。

Check!
風水における方角とは。間取りの見方と色との関係

北東(鬼門)・南西(裏鬼門)の方角

風水において、家の中心から見て北東・南西はそれぞれ鬼門・裏鬼門と呼ばれ、邪気がたまりやすいと考えられています。

この場所にユッカを置くことで、邪気払いや魔よけとしての風水効果が期待できます。

鬼門も裏鬼門も不吉だと恐れられがちですが、風水においては「変化」の方角と考えます。鬼門・裏鬼門を良い意味で利用すれば、良い変化を起こすことが可能。この場所をユッカの陽の気で満たしておくことで、ポジティブな変化をもたらしてくれるでしょう。

東の方角

東は太陽が昇る方角。上昇していく「木」の気を持っています。

この位置に床を置いておくことで、仕事運アップ効果が期待できるでしょう。上昇や成長をつかさどってくれるユッカは、東側に配置するとより風水効果が高まると考えられています。

仕事運アップを狙っている人は特に、東の方角にユッカを置くことをおすすめしますよ。

北の方角

「水」の気を持つ北は、季節に例えると厳しい冬。背の高いインテリアは相性が良いといわれています。

ユッカのように背が高く、大きめな観葉植物は北側に置くのがおすすめ。空間を陽の気で満たし、仕事運や金運アップ効果を高めてくれるでしょう。

ユッカをインテリアに取り入れてみよう!

観葉植物を部屋に置くことは、癒やしを与えてくれるだけではなく、場の気を調整し、運気を高めることにつながります。

ユッカには仕事運や金運アップ、邪気払いの風水効果が期待できるので、相性の良い場所においてポジティブなエネルギーをもらいましょう。

空に向かって一直線に葉を伸ばしていくユッカと共に、前向きに自分を成長・発展させていけそうですね。

(mapy)

その他の観葉植物の効果をチェック!

どんな植物を置くかによって、得られる運気が異なります。例えば恋愛運、金運、健康運など、花や観葉植物によって得られる効果が異なるのです。

以下より、気になる植物の効果をチェックしてみてくださいね。

ガジュマル
モンステラ
サンスベリア
サボテン
ポトス
カポック
ゴムの木
ドラセナ
ウンベラータ
アンスリウム
エバーフレッシュ
コーヒーの木
テーブルヤシ
ベンジャミン
ペペロミア
クロトン
ミリオンバンブー
クワズイモ
ユッカ
ドライフラワー
造花

※画像はイメージです

※この記事は2022年09月02日に公開されたものです

mapy

20年前よりカラーセラピー、心理学、西洋占星術、数秘術、フラワーエッセンス、クリスタルヒーリング、風水、アロマなどの資格取得後、女性対象にセミナー&カウンセリングを行っています。心から笑顔でいられ、人生がより豊かなれるような記事を提供できればと思っています。

この著者の記事一覧 

SHARE