お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋人とは。彼氏・彼女との違いや恋人にしたい人の特徴・作り方を解説

井口藍

恋人と彼氏・彼女には違いがあるのでしょうか? また、恋人にしたいと思われる人に共通する特徴とは? 恋人の作り方も併せて紹介します。

今付き合っている人は、彼氏・彼女なのか、それとも恋人なのか。

そもそも恋人と彼氏・彼女はどう違うのでしょうか?

この記事では、恋人の定義や彼氏・彼女との違い、どのような人が恋人にしたいと思われるのか、その特徴について解説します。

恋人とは

「恋人」と聞くと、小説や映画のようなドラマチックな印象を受ける人もいるのではないでしょうか?

そもそも恋人とは、どのような存在で、どのような意味があるのか解説していきます。

恋人とはどんな存在? 言葉の意味とは

恋人とは、「お互いに」「恋しく思い合っている」相手のことを意味しています。特定の性別に限った呼び方ではなく、相思相愛の関係性を示しています。

一方的に思いを寄せている相手ではないので、片思いの時には使わない表現ともいえます。また、彼氏・彼女と比べると、日常生活で使う機会は少ないのではないでしょうか?

恋人と彼氏・彼女の違い

恋人と彼氏・彼女とは異なるのでしょうか? 基本的に大きな違いはありませんが、恋人の方がややステップアップした関係性を示す時に使われることが多いようです。

付き合い始めたばかりの相手や、お試しで付き合っている相手、極端な例ですが遊びの相手を、彼氏・彼女と呼ぶこともあります。

恋人の定義

前述した通り、彼氏・彼女と比べると、関係性が深く、安定しているのが恋人といえるかもしれません。

例えば、「告白して付き合い始めた」「お互いの家族や友達に紹介している」「本命であることを強く意識している」「結婚を前提にお付き合いしている」「お付き合いしている期間が長い」などが挙げられるでしょう。

次のページを読む

SHARE