お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

恋人とは。彼氏・彼女との違いや恋人にしたい人の特徴・作り方を解説

井口藍

恋人の作り方

恋人がどのようなもので、どのような人が恋人にしたいと思われるのかが分かったところで、次は、どうすれば恋人を作れるのかについて解説します。

(1)人と出会う機会を増やす

恋人作りで一番大切なのは、バッターボックスに立つ機会を増やすこと。人と出会う機会が増えれば増えるほど、恋人が見つかる可能性も上がります。

仕事が忙しかったり、何となく気分が乗らなかったりして、つい同じ毎日を過ごしていませんか?

飲み会のお誘いに乗ってみる、いつもと違うお店に出かけてみる、新しい人と出会ったら思い切って連絡先を交換してみる、自分から遊びに誘ってみる。

いきなり全部やろうとすると気後れするなら、1つだけでも初めてみてはいかがでしょうか?

(2)新しいコミュニティを持つ

出会いの機会がないと言う人を見ると、その多くが「家と会社を往復する毎日」「遊ぶ友達はここ数年変わっていない」傾向があります。

偶然、職場や遊び友達を通じて出会うこともあるかもしれませんが、それだけでは少し心もとないです。

例えば、新しい趣味を始めてみる、地域の活動に参加してみるなどがおすすめ。いきなり飛び込むのが怖いという人は、友達を誘ってみると、最初のハードルを下げることができますよ。

(3)人頼みにしない

もちろん、友達に出会いが欲しいことを伝え、協力してもらうのは良いことです。マッチングアプリなどのツールを活用するのも有効です。

ただし、心の中で、「これで紹介してもらえるはず」「後は待つだけで大丈夫」と思っていませんか? せっかくの機会があっても、自分で積極的に出会いを探そうという気持ちが弱ければ、行動にも表れていきます。

思い当たるところがある人は、ほんの少しで良いので、前のめりな気持ちを持つようにしてみてくださいね。

(4)1人で行動する

家族や仲の良い友達と一緒の時間は楽しいですよね。ただし、新しい出会いの場の多くは、1人でいるシーンが多いのではないでしょうか?

最初は友達と一緒でも良いですが、徐々に1人で行動する量を増やしていくことをおすすめします。

1人でいると、「がっついて出会いを求めている」「友達がいなくて寂しい人」などを見られるのではないかとビクビクしてしまうかもしれませんが、おひとりさまは数をこなすことで慣れていくので、まずはやってみましょう。

(5)素直になる

「恋人を作らなきゃ!」と思うあまり、周りに合わせすぎて無理をするのは禁物。自分が楽しめているか、緊張しているか、違和感がないかなど、その時の感覚にしっかり目を向けてあげましょう。

恋人は、自分が幸せになるために作るものです。自分らしさを素直に出して、そのあなたらしさに合う人と関係を深めていくことが大切です。

 

自分らしさを大切に恋人探しをしよう

「恋人」と呼べる相手がいることは、とても素敵なことですね。強い絆で結ばれた恋人の存在は、人生を豊かに過ごすことにつながりますが、あくまで1つの要素。幸せの基準は人それぞれです。

恋人が欲しい! と思った人は、ぜひ自分らしさを大切に、楽しんで恋人作りにチャレンジしてみてくださいね。

(井口 藍)

※画像はイメージです

※この記事は2022年08月02日に公開されたものです

井口藍

下町に暮らすライター。愛する人と同じくらい、柴犬が好き。30代を折り返した今、これまでひととおり経験してきた酸いも甘いもをまとめて発信中。平日は働き者、休日は一歩も部屋を出ない日多数。趣味の読書は図書館で借りる&映画はサービスデーの節約派。

この著者の記事一覧 

SHARE