お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

とろーりもち。冷凍庫から出して15分! 京はやしや夏の新作「餅とアイス」発売

#トレンドニュース

フォルサ

京はやしやは7月25日、夏の新商品「餅とアイス」を、公式オンラインショップおよび一部店舗で発売しました。

「餅とアイス」個性豊かな3種の味

同社は1753年(宝暦3年)に創業した京都宇治の老舗茶舗。自宅でも本格的な“お茶屋の冷たいスイーツ”を楽しんでほしいという想いをおめて、お茶屋生まれの涼アイス「餅とアイス」の販売を開始しました。

「餅とアイス」の最大の特徴は、表面のとろーりとしたお餅。餅粉をベースに素材を練り込んで仕上げており、もっちり滑らかな食感と自然な甘さが魅力です。コクのあるミルクアイスとのバランスを考え、甘さやもちのとろみ具合にこだわっています。

また、冷凍庫から取り出した後に解けて柔らかくなるまでの時間も計算。食べごろは冷凍庫から出しておおよそ15分後とのこと。表面のとろーりもちに透明感が出てきたら“食べごろ” の合図です。

食べごろは冷凍庫から出しておおよそ15分後

「抹茶」「ほうじ茶」「みたらしミルク」3つのフレーバー

「餅とアイス 抹茶」は、宇治抹茶を混ぜ込んだとろーりもち、きな粉クランブル、抹茶ミルクアイス、マカダミアナッツが層になっています。クランブルやナッツの食感と香ばしさ、甘さの中に感じられる塩味もポイント。抹茶本来の旨みやほろ苦さも楽しめます。最後まで美味しく食べられるよう、素材の組み合わせ、分量、層の順番にもこだわりました。

「餅とアイス」抹茶

「餅とアイス ほうじ茶」には、ほうじ茶ミルクアイスを使用。二度焙煎し、より芳しさを引き出した京はやしやオリジナルのほうじ茶パウダーを混ぜ込んでいます。さっぱりとしたほうじ茶ミルクアイスの後味を引き立てるのが、カシスピューレを混ぜ込んだとろーりもちです。ほうじ茶の香ばしさとカシスの酸味の絶妙な組み合わせが楽しめます。

「餅とアイス」ほうじ茶

「餅とアイス みたらしミルク」のとろーりもちには、独自で開発したみたらしソースを混ぜ込んでいます。程よい甘辛さのソースは、濃厚でコクのあるミルクアイスとの相性ぴったり。どこか昔懐かしい、ほっとする優しい甘さにが魅力です。カップの底には、食感のアクセントとなるくるみを入れています。

「餅とアイス」みたらしミルク

「餅とアイス」は、おひねりにも似たシンプルな包みに入っています。単品だけでなく、3個入や6個入のボックスセットも用意。お世話になった人や、大切な人へのギフトにいかがでしょうか。

餅とアイス3種 3個入

商品概要

・餅とアイス
フレーバー:抹茶・ほうじ茶・みたらしミルク
価格:459円

・餅とアイス3種 3個入
価格:1,647円

・餅とアイス3種 6個入
価格:3,024円

ホームページ:https://kyo-hayashiya.jp/
オンラインショップ:https://shop.kyo-hayashiya.jp/

(フォルサ)

※この記事は2022年07月30日に公開されたものです

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#トレンドニュース」をもっと見る

MORE

SHARE