お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

ナイトプールでナンパはできる? ナンパ待ちの女性の特徴と成功の秘訣

すぎうら

近年人気を集めているナイトプールですが、新たな出会いを求めてナンパをすることはできるのでしょうか? この記事では、ナイトプールでナンパ待ちをしている女性の特徴と、ナンパを成功させるためのコツを紹介します。

若者たちを中心に人気を集めているナイトプール。多くの男女が集う場ということで、新たな出会いを期待する人もいるのではないでしょうか。

しかし、手あたり次第に声を掛けても、ナンパが成功するとは限りません。

今回は、ナイトプールでナンパができるのか、どうすれば成功するかなどについて紹介します。ナンパに挑戦してみたいと考えている男性はぜひ参考にしてみてください。

ナイトプールでナンパはできる?

まずは、ナイトプールがどんな場所なのかについての説明と、ナンパに向いている理由について紹介します。

ナイトプールとは

ナイトプールとはその名の通り、夜間に営業しているプールを指します。

イベントやライトアップを行っているナイトプールもあり、中にはプールサイドで飲食を楽しめる施設も。

ナイトプールは特に女性たちの間で人気です。その理由として、日焼けしにくい点と、ライトアップなどで非日常感を味わえる点が挙げられるでしょう。

ナイトプールがナンパに向いている理由

前述の通り、ナイトプールは特に女性に人気の施設。そのため女性客が多く、かつ開放的な気分になりやすいという特徴があります。

また、夜間のライトアップということでムードがあったり、施設によってはプールサイドでアルコールを飲めたりとあって新しい出会いが生まれやすい環境といえるかもしれません。

ただし、あまりに執拗なナンパは迷惑行為となる場合もありますので、注意が必要です。

ナイトプールでナンパ待ちの女性を見分ける方法

ナイトプールに来ている女性が必ずしも男性からのナンパ待ちというわけではありません。

もしナンパ目的で声を掛ける場合、以下を参考にナンパ待ち女性を見分けるのがポイントです。

・2~3人組で来ている

・プールサイドでくつろいでいる

・大胆な水着を着ている

・よく目が合う

ナイトプールに4人以上で来ている女性グループは、友達同士で遊びに来ている可能性が高いといえます。かといって1人で来る女性はほとんどいません。声を掛けるなら、2~3人組を探してみましょう。

また、あまりプールに入らずプールサイドでくつろいでいる場合も、ナンパ待ちである可能性があります。

もしそんな様子の女性とよく目が合うなら、あなたの存在が気になっているサインかもしれません。

ナイトプールでナンパをする時のコツ

勇気を出して声を掛けるからには、ナンパを成功させたいと思う男性が多いでしょう。

ここでは、ナイトプールでナンパをする時のコツを紹介します。

(1)自然な形で声を掛ける

いかにもナンパという雰囲気や口調で声を掛けると、女性から警戒される可能性が高いです。

気になる女性を見つけたら、できる限り自然な形で声を掛けるよう心掛けましょう。例えば「写真撮りましょうか?」など。

インスタ映えを期待してナイトプールに来ている女性も多いため、すてきな写真を撮って会話のきっかけにしましょう。

(2)ドリンクなどをごちそうする

声を掛けてみて相手の反応が良ければ、「何か飲みたいものはある?」と質問してドリンクをおごるのもテクニックの1つ。

そうすることで、そのドリンクを飲む間は会話に付き合ってもらえる可能性があります。

ただし、無理強いをするのは言語道断。その場の空気を読みながら、引き際をしっかりと見極めましょう。

(3)しつこく誘いすぎない

全ての女性が出会いを求めてナイトプールに来ているわけではありません。

そのため、声を掛けて相手の反応が悪ければすぐに諦めましょう。しつこく声を掛け続けると余計に警戒される可能性が高まります。

また、トラブルにも発展しかねないため執拗なナンパはやめましょう。

ナイトプールでのナンパは引き際が重要

ナイトプールは、ライトアップの華やかさや開放的な雰囲気が魅力の施設。女性客も多く、出会いを求める人にとってはチャンスが多い場所ともいえます。

ナンパを成功させたい男性は、ぜひナンパ待ちしている女性を見極めて声を掛けてみましょう。

しかし、ナンパに警戒心を抱いている女性もいますので、相手の反応を見ながら引き際を大切にしてくださいね。

(すぎうら)

※この記事は2022年07月25日に公開されたものです

すぎうら

30歳を目前にして突然のジャニーズオタクデビューしたマイペースなライター。芸能界に詳しいこともあり、芸能メディアでの執筆経験もあり。20代の頃は趣味で恋愛小説を書いており、電子書籍デビューを果たしている。恋愛小説を書くのは好きなのに、自分の恋愛はイマイチ上手くいかないのが悩み。

この著者の記事一覧 

SHARE