お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

意外? 20代女性の一般社員65%は「上司に叱られた経験がない」”叱責”に関する実態調査

#おしごとニュース

フォルサ

アスマークは7月14日、全国の会社員男女を対象に実施した「部下に聞いた“叱責”に関する実態調査」の結果を発表しました。

叱責の感じ方は男女年代で変化する!?

上司に叱られた経験はあるか尋ねたところ、20代男性(一般社員)の55%、20代女性(一般社員)の65%が「あまりない」「ない」と答えました。中間管理職の30代では、叱られた経験が「よくある」「時々ある」の方が多くなっています。性別で見ると、女性よりも男性の方が叱られた経験はやや多い傾向にありました。

上司に叱られた経験はありますか

自分の成長のためには、叱られることも必要だと思うか聞くと、20代の男女一般社員よりも、30代の管理職で肯定的な意見が多い結果に。特に管理職の30代女性は「そう思う」という回答が、20代の男女一般社員の2倍と多くなっています。

自分の成長のためには、叱られることも必要だと思いますか

調査概要

調査対象者:全国の会社員男女(契約社員/派遣社員含む)
回答数:350サンプル
調査期間: 2022年6月21日~6月28日
割付:【一般社員】男女20代【中間管理職】男女30代各100ss(女性は集まった分)
調査方法:インターネット調査調査実施: Humap(アスマーク)

(フォルサ)

※この記事は2022年07月20日に公開されたものです

フォルサ

ライティング、編集、DTPまで手がける制作グループです。
“フォルサ”はポルトガル語です。「がんばれ!」と応援する言葉ですが、サポートするという意味もあります。女性の為になる情報を間口を広く扱っていきます。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#おしごとニュース」をもっと見る

MORE

SHARE