お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

彼女が生理の時の接し方とは。おすすめの過ごし方やNG対応を解説

佐矢りん(sayareen)

彼女が生理中の時にしない方がいいこと

ここからは、彼女が生理中の時にしない方がいいことを紹介します。

(1)予定をキャンセルされても怒らない

デートの約束がキャンセルされても怒らないようにしましょう。生理痛がひどい時はベッドから起き上がれないこともあります。

「生理だから今日は会えない」と言われたら、彼女を責めずに理解を示しましょう。旅行や楽しみにしていたイベントの予定が変更になっても、怒らないように気をつけてください。

(2)折り返しの連絡を催促しない

彼女からなかなか連絡が返ってこなくても、何度もLINEを送ったり電話をかけたりしてはいけません。生理中は体がだるいため、返信が遅くなったり電話に出られなかったりすることがあります。

連絡をしたい時は、返信が必要ないメッセージを送る、「できる時に返信してね」などの一言を沿える、といった気遣いを意識すると良いでしょう。

(3)他の女性と比べない

生理中の症状は個人によって異なるので、元カノや家族の生理中と比べてはいけません。

「前の彼女は生理中でもデートできたよ」「姉は鎮痛剤なくても平気って言ってたよ」などは禁句です。ひとりひとりによって生理中の身体的・精神的な症状は違うことを理解しましょう。

(4)体を求めない

「血が出ても気にしないよ」などと言って、無理に体を求めないようにしましょう。出血があったり腹痛があったりするため、生理中は過度なスキンシップを控えたい女性が多いです。

彼女から誘われない限り、基本的に生理中のスキンシップはいつもより控えめにしましょう。

(5)他の女性と遊ばない

彼女が生理中で調子が悪いからといって、他の女性と遊びに行ってはいけません。体調が悪い時に浮気を疑われかねない行動をすると、信頼関係が崩れてしまいます。

生理中だから彼女と全く会えないというわけではありません。おうちデートにして2人でゆっくり過ごすなど、彼女に負担がかからない方法で一緒に過ごしましょう。

(6)無理に元気づけようとしない

彼女を元気づけようと過度に明るく振舞ったり、気分転換させようとしたりするのもNGな場合があります。生理は自分でコントロールできるものではありません。イライラしやすい時期のため、彼女のことを思ってした行動でもけんかになることも。

彼女の気持ちを常に尊重し、必要ならゆっくり休ませてあげてください。

彼女が生理中は思いやりを大切に

生理中の女性は、身体的にも精神的にも調子が良くありません。予定が変更になったり返信がなかなか来なかったりして不満に感じることがあるかもしれませんが、「生理中だから仕方がない」と考えましょう。

彼女の希望に合わせて、薬を買ってきたり、家事を代わってあげたりすると喜ばれるはずです。

(佐矢りん)

※画像はイメージです

※この記事は2022年07月11日に公開されたものです

佐矢りん(sayareen)

国際恋愛中の20代後半女性。メーカーや広告代理店勤務をへて、デジタルノマドに憧れフリーライターに。宗教的な価値観と現代的な生き方の間で悩みながら育ち、今も自分らしい生き方を模索中。高校生の時にジェンダーやセクシュアリティに興味を持ち始め、より深く学ぶため大学時代にアメリカへ留学。フェミニズムと出会う。将来は海外でのんびり暮らしたい。

この著者の記事一覧 

SHARE