お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

蛙化現象からまた好きになることはある? 可能性ときっかけ7つ

井口藍

蛙化現象になった後、また相手を好きになることはあるのでしょうか。その可能性と、再び好きになるきっかけを解説します。

蛙化現象になると、相手への気持ちが冷め、好意を向けられることを気持ち悪いとすら感じるようになります。

一度冷めた相手への気持ちはどうしようもないのでしょうか? それとも、好意が戻ることはある……?

今回は、蛙化現象からまた好きになる可能性について、分析していきます。

参考記事はこちら▼

蛙化現象って何!? どんな特徴が表れるのかを徹底解説します。

蛙化現象からまた好きになることはあるのか

結論から言うと、蛙化現象を迎えたとしても、また好きになる例はあるでしょう。

恋愛の形は十人十色。もちろん、気持ちが冷めてしまったまま、フェードアウトするカップルだっているはずです。

しかし、「このパターンならこう」という決まりはないのが恋愛。さまざまなきっかけで蛙化現象を乗り越えるカップルもいます。

悲観的にならず、今はゆっくり距離を置いてみるなど2人のペースを見つけていければ、つらいトンネルを抜け出せることだってあるのです。

蛙化現象の相手をまた好きになるきっかけ7つ

一度気持ち悪いと思った相手をまた好きになるなんて、余程のことがないと難しいのではないか? そう感じる人もいるかもしれません。

ここでは、日常生活の中で蛙化現象を克服し、相手をまた好きになるきっかけをいくつか紹介していきます。

(1)蛙化現象を乗り越えた人の例を知った

蛙化現象にショックを受けてしまい、うまくいかないのではないかと不安に思う人がたくさん存在します。一度冷めた気持ちは戻らないだろうと思って、何もせず諦めてしまうことも……。

そんなカップルは、さまざまな可能性があることを知るのが重要。先ほど話した通り、恋愛は十人十色です。思い込みがなくなったことで精神的に楽になり、相手への気持ちが戻る場合もあるでしょう。

(2)このままでいいと思った

蛙化現象は恋愛へ過剰に期待を寄せることや、自分に自信がないことが原因で起こる側面があります。

期待を捨てて恋愛が全てではないと考える、蛙化現象を起こしている自分をありのままに受け入れる、といった向き合い方も大切です。

悪いことではない、よくあることだと思い直し、このままで良いと思えるようになったら心が軽くなり余裕が生まれるかもしれません。

(3)自分に自信がついた

自然体でいられる家族や友達と過ごしたり、仕事や勉強を頑張ったり、出会いを増やしたりする中で、少しずつ自信がついてくることがあります。これも効果的。なぜなら、蛙化現象は自己肯定感の低さが原因でもあると言われているからです。

相手が自分に向けていた好意や、好きだと言ってくれた言葉とを信じられるようになり、気持ちが戻ってくることがあります。

(4)相手が他の人と親しくなっていた

距離を置いて過ごしている時、相手が他の人と楽しそうに過ごしているのを目にすることがあるかもしれません。この時、急に寂しさや気になる感情が沸き起こってくることがあります。

「自分から距離を置きたいと言ったのに、わがままだ」と感じる必要はありません。

相手に自分の心が動いた瞬間を素直に話してみましょう。人間関係や環境の変化によって、忘れていた好意を思い出すこともあるのです。

(5)相手を尊敬していることに気づいた

離れて過ごす期間や、自分自身の内面を見つめ直す時間を通して、“好き”の解釈が変わることもきっかけの1つになり得ます。

2人で過ごす時の恋愛的なやり取りに嫌悪感を覚えてしまっただけで、本来は人として相手が好きだったことに気づくパターンです。恋愛感情に苦手意識があったとしても、親愛や尊敬の感情で気持ちが戻ってくることもあります。

(6)恋が愛に変わった

“好き”のドキドキする感覚で相手を好きになったパターンは蛙化現象に陥りやすいもの。相手に恋愛対象としての期待があり、実際とのギャップを感じることで急に気持ち悪く感じてしまうからです。

しかし、愛に変わると、相手の欠点も愛おしくなるもの。期待をしてしまう恋から期待のいらない愛へと変わり、「気持ち悪い」という感情を次第に忘れていくケースもあるでしょう。

(7)時間が解決した

時間薬という言葉があります。ゆっくり時間をかけて関わる中で、また好きになる気持ちを取り戻すこともあるでしょう。

解決までの時間をどう過ごすかは自由。一度は別れたり、友達として付き合ったり、距離を置くことが改善につながることもあります。

今は相手と無理やり関わろうとせず、少し時間が経った後に向き合い直してみるのもいいかもしれません。

可能性を知っておくことが大切

「蛙化現象になってしまったらもう終わりだ……」と、悲観的になりすぎなくても大丈夫。また好きになるきっかけは、いくつもあります。

さまざまな可能性があることを知っておくだけでも十分です。今のつらい気持ちが和らぐでしょう。無理せず、ゆっくり答えを見つけていってくださいね。

(井口藍)

※画像はイメージです

※この記事は2022年05月17日に公開されたものです

井口藍

下町に暮らすライター。愛する人と同じくらい、柴犬が好き。30代を折り返した今、これまでひととおり経験してきた酸いも甘いもをまとめて発信中。平日は働き者、休日は一歩も部屋を出ない日多数。趣味の読書は図書館で借りる&映画はサービスデーの節約派。

この著者の記事一覧 

SHARE