お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

人を好きになれない心理3つ。恋愛できない現状を克服するコツとは?

にほんご倶楽部

「なかなか人を好きになれない」「そのせいで恋愛ができない」と悩む人はいるでしょう。そこでこの記事では、人を好きになれない男女が共通して持つ特徴や心理、好きになれない現状を克服するコツなどを紹介します。

「なぜか人を好きになれない」「あまり恋愛に興味が持てない」という人はいるでしょう。

そういった現状と「恋人が欲しい」「結婚したい」などの願望が対立し、悩む場合もあるかもしれません。

また、そもそも恋愛感情を持てた方が良いのか気になっている人もいるのでは?

そこで今回は、人を好きになれない男女が共通して持つ特徴や心理、好きになれない現状を克服するコツなどを紹介します。

併せて、「人を好きになれた方が良いのか?」についても触れているので、参考にしてみてください。

人を好きになれない男女が共通して持つ特徴

まずは、人を好きになれない男女が共通して持つ特徴を見ていきましょう。

(1)恋愛にトラウマがある

人を好きになれない人は、恋愛にトラウマを持っている場合があります。

例えば、結婚まで考えていたのに浮気をされたり、ひどい別れ方をしたりして、人間不信になっているパターンが考えられます。

こういったトラウマから立ち直れず、人を好きになれないのでしょう。

(2)理想が高い

ドラマやマンガに出てくるキャラクターやアイドルを理想としている場合、身近な人を好きになるのは難しいといえます。

二次元の人物や芸能人にはまるで欠点がないように見えますよね。しかし、実際は完璧な人などいません。相手の欠点を探せばきりがないでしょう。

そのため、理想が高すぎると「ちょっと良いかも?」と感じた人がいてもすぐ悪い部分が気になって、「やっぱりなしだな」と思うのです。

(3)他人にあまり興味がない

恋愛は、まず相手に興味を持つところから始まります。

そのため、他人にあまり興味がないと、なかなか恋愛感情を持てないでしょう。

このパターンに当てはまる人には、「自分のことが一番好き」「忙しくて他の人を気にしている余裕がない」といった傾向が見られます。

(4)恋愛以外に打ち込んでいることがある

何かに夢中だと、それ以外の対象にあまり興味を持てなくなる場合もあるでしょう。

そのため、趣味や仕事など恋愛以外のことにのめり込んでいる人の中には、なかなか誰かを好きになれない人がいます。

恋人が欲しくないわけでないけれど、趣味などに時間やお金を使いたい気持ちの方が強くて、恋愛に目が向かない状態なのかもしれません。

次のページを読む

SHARE