お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

セフレを好きになったらどうする? 本命になるための方法を男女別で解説

岡裕之

割り切ったセフレ関係だったのに、気づけば相手のことが好きになった……なんて人もいるのでは? この場合、本命の恋人になれる可能性はあるのでしょうか。この記事では、セフレを好きになった場合の対処法を男女別に紹介します。

セフレだったはずなのに、相手のことを知るうちに本気で好きになったということもあるでしょう。

好きになった以上は両想いになりたいと思っても、本命の恋人になれる可能性があるのか気になる人もいるはず。

この記事では、セフレのことを本気で好きになるきっかけや本命になれる可能性について考察していきます。

また、本命の恋人になる方法について男女別で紹介しますので、セフレを好きになったという人はぜひ参考にしてみてください。

そもそもセフレとは?

セフレとは「セックスフレンド」の略。つまり、セックスをするだけの関係性を意味します。

セフレ関係になる流れやメリット・デメリットについては以下の記事で詳しく説明しています。ぜひ参考にしてみてください。

セフレを本気で好きになるきっかけ

体だけの関係で始まったとしても、次第に相手にひかれていくことはあるでしょう。

しかし、なぜ割り切った関係であるセフレのことを本気で好きになってしまうのでしょうか。ここではセフレを好きになるきっかけについて考えていきます。

(1)優しくされたから

セフレから優しい言葉を掛けてもらったり、優しい態度を取られたりすると、相手の魅力に気づいて好きになってしまうことがあるようです。

お互いに体の関係だけを求めていると分かっていても、急に見せる優しさにドキドキするのでしょう。

また、特別扱いをされているように感じ、自分も相手のことを特別な存在として意識し始めるのかもしれません。

(2)体の相性が良いから

体の相性の良さが、相手のことをさらに知りたくなるきっかけになることも。

体の相性が良い=2人の相性が良いということなので、特別な存在として意識するようになるのでしょう。

そして、「もっと会いたい」「他の人に渡したくない」と感じるのかもしれません。

(3)居心地の良さを感じたから

セフレとして一緒に過ごすうちに、自分が自然体でいられる相手だと気づいて好きになるケースもあります。

セフレという割り切った関係から始まったからこそ、オープンに自分のことをさらけ出せるのかもしれません。

(4)他の人に嫉妬心を抱いたから

セフレが他の人の話をしているのを聞いて嫉妬心を抱くのも、好きになるきっかけの1つだといえます。

厳密には、嫉妬している時点で好きな気持ちがあるのかもしれませんが、その時にやっと自分の恋心に気づく人もいるようです。

次のページを読む

SHARE