お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

瀬戸康史、コンプレックスだった顔立ちを魅力に変えた今

#私たちの推しメン

ミクニシオリ

毎日生きるのに一生懸命な私たちを癒やしてくれるのは、大好きなあの芸能人。マイナビウーマン編集部・ライターが今気になる「推しメン」にスポットライトを当ててインタビュー。彼らのかっこいい姿を写真と共にお届けします。

取材・文:ミクニシオリ
撮影:佐々木康太
編集:杉田穂南/マイナビウーマン編集部

一度見たら釘づけになりそうな目元に、口角のあがったあひる口が印象的な彼は、ドラマや映画の中で、さまざまな表情を見せてくれる。彼の名前は、瀬戸康史。

『パーフェクトワールド』のキスシーンでは、胸が裂けるんじゃないかというほどきゅんきゅんさせられたし『海月姫』での女装姿では、こんなにかわいい男の子がいていいもんなのか、と頭を抱えさせられたような覚えもある。

2005年に芸能界デビューし、2.5次元ミュージカルや特撮ヒーロー物などでメインキャストとして活躍してきた瀬戸さん。舞台仕込みの演技力で多くのキャラクターを演じてきた彼は、人物ごとに全く違う表情を見せてくれる。

そんな彼が『恋におちたおひとりさま〜スタンダールの恋愛論〜』で今回演じたのは、スマートで爽やかな男性・涼介。作品中ではミステリアスなキャラクターとして主人公を翻弄する涼介だが、瀬戸さんはそのかわいらしいイメージを刷新させるほどの爽やかボーイを熱演。いくつもの顔を持つ彼の、本当の素顔を探ってみた。

17年の芸能生活。少しずつ変化を感じる瀬戸康史の今

――今回演じられた涼介というキャラクターは、どんな男性だったのでしょうか。

涼介は真摯で優しいからこそ、人目を気にしてしまうところもある男性なんです。自分とは全く違うんじゃないかな。僕はたぶん、細かいことは気にしないタイプです。

――作品は「恋愛論」という心理学を軸に進んでいきますが、瀬戸さんご自身は心理学や恋愛テクニックには興味がありましたか?

恋愛論そのものには、あまり興味がなくて(笑)。ただ、作品の中にはいろいろな考え方が出てくるので、中でも「欠点を魅力に」という考えには共感しました。僕自身、若い時は自分の顔立ちのかわいらしさというか……男らしくない感じが、コンプレックスだったので。

――今は、コンプレックスは乗り越えられたんですか?

役者をしていくうちに、徐々に受け入れられるようになったんです。たぶん、コンプレックスを抱えている自分が嫌だったんです。今思えば、自分を受け入れるための土壌を、ゆっくり作っていたのかもしれないです。

仕事をしていく中で「顔立ちも含めて、自分なんだ」と受け入れるようになってからは、すごくラクになりました。かわいさをオリジナリティとして認めてからの方が、役の幅も広がりました。

――ポジティブですてきな考え方ですね。仕事を通して、変わられた部分も大きかったのでしょうか。

最初の頃ってどんな感じだったんだろうなあ(笑)。あまり覚えていないんですけど、相手を見て仕事することができていなかった部分もあったと思うんです。芝居ってリアクションが命だし、相手あってのものだから。

そこは、自分が仕事する中で大きく成長できた部分かな。今は常に「一人で仕事しているわけじゃない」ということを真摯に受け止めています。

画面越しでは分からない「いつもの」瀬戸康史

――瀬戸さんって、実際お話してみるとフラットなお話の仕方をされるんですね。

そうかもしれないですね。よく言われるけど、たとえばお芝居中みたいな、ガッツポーズしちゃうほどのテンションの上げ下げはないです。

もし本気でガッツポーズすることがあるとしたら、「宝くじで何億円も当たっちゃったぜ!」って時とかかなあ。少しテンションが上がってるくらいだと、周りからみても分からないのかもしれません。

――悩んだり、葛藤したりすることはあまりないですか?

人と比べると、少ない方なのかもしれません。悩むってことはあんまりないけど、昔本番中の舞台で、一瞬自分のセリフが真っ白になってしまったことがあったんです。そのことだけは何年経っても、舞台をやる時に毎回思い出します。ちょっとトラウマになっているというか。

でもやっぱり、稽古していますから。ちゃんと息を吸うようにセリフが出てくるんです。やっぱり練習を積み重ねるって、すごく大切だなと思います。

――成功体験が積み重なっていくのって、大切ですよね。

そうですね。長年やってる『グレーテルのかまど』というバラエティ番組は、もうほとんどアドリブでこなしていたりします。何を振られてもだいたい対応できるし、できなかったとしてもへこまないです(笑)。

――そういう前向きさが、瀬戸さん本来の魅力なんでしょうか。

前向きというか、柔軟なタイプではあるのかもしれません。あとはやっぱり、裏表がないところじゃないかな。実は僕、周りが思っているほど、爽やかなタイプではないんです。

――爽やかというより、朗らかな感じがします。

あはは(笑)。実は分かりやすいタイプ、って感じなんじゃないかな。でも、いつも元気なわけでもないです。めんどくさいモードに入っちゃうと、何もできなくなったりすることもあります。

――めんどくさいモードの時はどうなっちゃうんですか?

僕ちょっとこまめなところもあるので、本当はその日に使った食器とかは洗ってから寝たいんです。でもめんどくさいモードの時は、普通にサボって寝ます(笑)。

舞台で培った土壇場力で、マルチな活動を目指す

――既に人としてもすごく魅力的な方だということも感じているのですが、今後もっと磨いていきたいことはありますか?

表現者としての軸は、やっぱり芝居なんですけど……僕は絵を描くのも好きだし、いろいろな表現の方法を追求してみたいです。一点集中せず、なんでもやってみたいなあと思っています。

――瀬戸さんは絵がお好きなんですね。

そうなんです。今まではiPadを使ってデジタルで描いてたんですけど、今度はキャンパスに描いてみたいんです。キャンパスで描く絵って、やり直しがきかないじゃないですか。

僕にとってやり直しがきかないことって、すごく怖いことでもあるんですが……だからこそ、唯一無二のものが作れる気もしていて。もしそれを受け入れられたら、すてきなんじゃないかなと。

まあ、芝居も舞台も基本的にやり直しはきかないですからね。だからこそやるしかないし、やればできる部分もありますから。

――ありがとうございました。最後に、今回の『恋に落ちたおひとりさま』の見どころを教えてください!

僕が演じた涼介は、ミステリアスな部分も多いキャラクターです。主人公の聡子との掛け合いの中で、視聴者の皆さんは僕にだまされる部分もあるかもしれません。ぜひいろいろな想像をして楽しんでもらえたらと思います。

『恋に落ちたおひとりさま~スタンダールの恋愛論~』

過去にあるトラウマを持ち、自分にまったく自信が持てない図書館員の聡子は、ある日、優しく紳士的な涼介と出会い一瞬で恋に落ちる。運命の恋を叶えるため、こんな自分を変えたいと強く願う恋愛経験ゼロの聡子。そんな聡子の前に突如、フランス文学「恋愛論」の著者スタンダールだと名乗る男が現れる。

半信半疑な聡子をよそに、涼介との恋を実らせるため恋愛のノウハウで聡子を導き、徐々に生まれ変わらせていくスタンダール。

そこへ個性豊かな図書館員たち、そして聡子を取り巻く過去のある事件も繋がっていき……。果たして聡子と涼介の恋の行方は⁈ 自分応援ハートフルコメディです。

配信開始日:2022年3月18日 ※視聴にはプライム会員登録が必要
出演:波瑠、瀬戸康史、小日向文世 ほか

※この記事は2022年03月22日に公開されたものです

ミクニシオリ

1992年生まれ。2017年にライター・編集として独立。芸能人やインフルエンサー、起業家など、主に女性に対するインタビューを多数執筆。恋バナと恋愛考察も得意ジャンル。ハッピーとラッキーがみんなに届きますように。

Twitter:https://twitter.com/oohrin

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#私たちの推しメン」をもっと見る

MORE

SHARE