お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

連絡を取りたい! 15年前にけんかした友達と仲直りする方法

#犬山の遠吠え!やってまーす

犬山紙子

エッセイスト・TVコメンテーターとして活躍する犬山紙子さんが、恋愛・人間関係・趣味などあらゆるテーマで語るラジオ『犬山の遠吠え!やってまーす』。本連載では番組内のトークを言葉にし、音声と共にお届けします。今回は2021年12月20日放送分から。

『犬山の遠吠え!やってまーす』今回の番組トーク音声はこちら

こんばんは、犬山紙子です。

今回もリスナーさんからのお便りを紹介していきます。

犬山さん、こんばんは。

唐突なのですが、けんかして疎遠になっている友達っていますか?

私は15年くらい前に些細なことでけんかして以来、ずっと連絡を取っていない友達がいるのですが、いまだに仲直りできずにいます。

犬山さんはこのような経験はありますか? もし経験があって仲直りまでされていたら、何をきっかけに連絡を取ったのか教えてください。

しっかりとけんかして連絡を取らなくなった人……いますね(笑)。

かなり前に、相手に言われたことでどうしても理解できない発言があって。私も相手の言い方に悪意を感じた時はそれを指摘してしまうタイプなので、けんかになってしまったんですよね。

でも、そこにはすれ違いがあったり、相手が当時どういう状況だったのか後々考えてみると「仕方なかったな」と思ったり。時間が経ったからこそ理解できる部分でもあるんですけどね。

犬山さんの仲直りの方法は?

私の場合は、その状況からきちんと仲直りしたわけではないんですけど、そのけんかの後もお互いTwitterのフォローを外さなかったんですよ。

その後だいぶ自分の気持ちも落ち着いてきて、相手の投稿を見ることができるようになってくると、不思議と自分の中ではまた「いい友達」に戻ってるんですよね(笑)。

だからと言って私から何か話しかけるとかではないんですが、SNS上では「いいね」をしていて、一応仲直りしたと思っています。

長い年月を経て仲直りするには

とはいえ、相談者さんのように“些細なけんか”でそうなってしまったのであれば、まだ仲直りできる可能性はあるんじゃないかな。ちゃんとけんかできるのも仲良い証拠というか。

あとは連絡を取るきっかけですよね。このラジオの構成作家の松本さんは、人を介して連絡を取ってもらうのが良いのではないか、とのこと。

まずは仲介役の人に「○○があなたのこと気にしてたよ」と連絡してもらって、つなげてもらう。これで反応が悪かったら諦める。誰も傷つかないし、大人な方法ですね。さすが松本さん(笑)!

ラジオ番組『犬山の遠吠え!やってまーす』最新のトークはこちら

毎週木曜日、深夜0時30分からMBSラジオ(AM1179/FM90.6)で放送する他、アプリやネットで楽しめる「radiko」でも生配信。また、過去の放送は音声配信サービス「Radiotalk」で聞くことができます。

(トーク:犬山紙子、文:松岡紘子)

※この記事は2022年01月01日に公開されたものです

犬山紙子

1981年生まれ。エッセイスト。美人なのになぜか恋愛が上手くいかない女性たちのエピソードを綴ったイラストエッセイ『負け美女』(マガジンハウス)で作家デビュー、女性観察の名手として注目を浴びる。SPA!やananなどで連載中。「スッキリ!」、「みんなのニュース」などコメンテーターとしても活躍する。

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#犬山の遠吠え!やってまーす」をもっと見る

MORE

SHARE