お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

#23 気になる相手の「特別な人」になれるフレーズとは?

#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「ラブスペル」とは、意中の彼の心をつかみ恋を叶えるフレーズ。そんなフレーズを、恋愛コラムニストの浅田悠介さんが使い方や効果と併せて紹介します。

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.23

「あなたのことを知りたいと思ったので、もっといろいろしゃべりたいんですけどいいですか?」

この言葉の効果

気になる相手との関係を進めるキッカケを作れます。

関係を進めるとは“会話をすること”です。

天気や職業や有名人のゴシップなどの社交辞令のような話ではいけません。尊敬する人物やハッとさせられた言葉、将来の夢などの深い話を――人生観や価値観の話を――することがポイントです。それが深く関わるということなのです。

では、どうすればそんな会話ができるのか。

正解はシンプルです。「あなたのことを知りたい」とストレートに伝えること。なんなら、「知り合いになれたらいいなと思っている」と言葉にしてもいいでしょう。

意外かもしれません。でも、喜んでもらえるのですよ。

ラブスペルの使い方

出会いの序盤に唱えましょう。

ビジネスでもパーティーでも、偶然の出会いでも。もっと彼のことを知りたくなった時に――しゃべりたくなった時に――ぐっと勇気を出して唱えること。ここで踏み出せると人生は前に進みますよ。

もちろん、その後に会話をリードするのは貴女です。ハードルが高く感じるのは分かります。しかし、切り出した手前相手任せにもできないわけです。

とはいえ、たんに気になったことを質問すればいいだけではあります。「もっと知りたい」と思った気持ちに正直になって、いろんな話を聞き出しましょう。

そして、上述したように、少々踏み込んだ話題にもチャレンジすること。

ここでの会話とは、貴女が感情のままに自分の話をし続けるものではないことを覚えておいてください。男性との会話は、何をしゃべったかではなく、何をしゃべらせたかが大切です。インタビューのような気持ちで挑んでみてください。

相手を知ろうとすること

恋愛の秘訣は、パッと見でドキドキできるかだけを判断基準にしないこと。

分かりやすい魅力を持った男性しか、恋愛対象にできなくなりますから。その中には遊び人が隠れていることも……。

しかし、この世にはもっと大勢の男性がいるのです。彼らの方が、貴女を幸せにできる可能性もあります。そんな出会いを逃すのはもったいないですよね。

人間の魅力は、じっくりと会話をして、時間をかけることで見えてくるものです。貴女の魅力だって、出会い頭の数分間で全てを披露することはできないように。

だからこそ、男性のことを知ろうとする癖をつけましょう。相手を知ってから、アリかナシかを判断するのです。

好きか分からないとか、付き合うべきか分からないとか、信じていいのか分からないとか――恋愛活動をしていると迷うこともあるでしょう。

でも、迷った時こそ、もっと知ろうとすべき時なのだと思いますよ。

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

※この記事は2021年12月23日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い) (マジシャン・ライター・催眠心理療法士)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

マイナビウーマンにて執筆中の「ラブスペル」が単行本となって発売決定!

『ラブスペル 恋を叶える魔法のフレーズ111』(マガジンハウス)
発売日:2022年10月6日 ※予約受付中!
URL:https://amzn.to/3BPpR6U

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~」をもっと見る

MORE

SHARE