お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

#22 「人生が良い方向に転ぶ人」が使っているフレーズとは?

#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

「ラブスペル」とは、意中の彼の心をつかみ恋を叶えるフレーズ。そんなフレーズを、恋愛コラムニストの浅田悠介さんが使い方や効果と併せて紹介します。

ラブスペルとは恋の呪文のこと。恋を叶えるフレーズです。

難しい恋の理屈は置いておいて。ひとまず英会話のように「フレーズから恋を学ぼう」というわけですね。心理学を用いて導き出したものなので強力ですよ。

好きな人の前でラブスペルを唱えてみれば、彼の反応がきっと変わるはず。

さあ、恋の魔法をかけてみない?

恋を叶える魔法のフレーズ

ラブスペルNo.22

「とりあえずやってみよっか」

この言葉の効果

人生を前に進めることができるフレーズです。

忘れがちな真実をシェアさせてください。実は人生を進めるために――幸せになるために――必要なのは、どれだけ悩んだかやアイデアを生み出したかなどではありません。

シンプルに「どれだけ行動したか」なのです。

人生は、行動です。今までの人生は行動してきた通りに作られてきたし、これからの人生も行動した通りに作られていくのですよ。

しかし、それが億劫なのですよね。出会いの場に行けばすてきな男性がいるかもしれない、デートに誘えばつき合えるかもしれない、マッチングアプリを始めれば出会いがあるかもしれないのに……。

まだ心の準備ができていないから、知らないものは怖いから、今は忙しいからと私たちはやらない理由を考えることにかけては、ダ・ヴィンチのように天才的です。

そんな時こそ唱えてほしいラブスペルです。準備が整っていなくても、とにかく飛び込んでみるという考え方もあるのだと知ることができますよ。

ラブスペルの使い方

何かを始めることが面倒だと感じた時に唱えましょう。

とにかく口にするのがコツです。すると心や体が、そっと動き始めるのを感じるでしょう。さっと動ける感じのする人もいれば、ゆっくり変化を感じる人もいます。貴女はどちらだと思いますか。

やらない理由ではなく、やるための方法を考え始めるのです。

同時に、何かをスタートするのに、しっかりした準備や適切なタイミング、完璧な心構えなんて必要ないということにも気づくかもしれません。気負うことはありません。「とりあえずやってみる」だけでいいのですよ。

ぜひ面倒や怖さ、億劫などが胸の底に現れた時にそっと唱えてみましょう。そして、あなたの人生がどんなふうに変化するのかを味わってください。面白いように物事が前に進み始めますよ。

人生の鍵は“面倒くさい”の奥にある

もちろん行動するのが面倒なのは分かります。

生物にとって、エネルギーの消費を抑えようという欲求は正しくもありますから。

とはいえ“面倒くさい”の奥には“その行動をすると良いことが待ち受けているかも”という予感が隠れていることにも気づいてあげましょう。ここに気づけると強いですよ。

今頭の中に、いくつものやった方がいいことが浮かんでいるかもしれません。カップを洗うことから、以前買った本を読むこと、将来のための勉強まで。

とりあえず、それをやってみませんか?

(文:浅田さん@令和の魔法使い、イラスト:塚由叡)

※この記事は2021年12月16日に公開されたものです

浅田悠介(浅田さん@令和の魔法使い)

マジシャン&ライター&催眠心理療法士

心理、恋愛、コミュニケーション系を得意とする。多数執筆。なかでもDRESSの連載「読むだけでモテる恋愛小説・わたしは愛される実験をはじめた。」が多くのファンを集めている。

Twitterにて恋愛論やテクニックを発信中。
Twitter:@ASD_ELEGANT

この著者の記事一覧 

BACKNUMBER 「#ラブスペル ~恋を叶える魔法のフレーズ~」をもっと見る

MORE

SHARE