お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

同棲生活でのお金の管理はどうする? おすすめの方法6選

須藤雅

結婚前提で同棲を始めようと思った時、お金の管理をどうしていくかは重要なポイントですよね。「生活費は折半する?」「貯金はどれくらい必要?」など、悩むことも多いでしょう。この記事では、同棲生活でのお金の管理方法についてファイナンシャルプランナーの須藤雅さんに教えてもらいます。

パートナーとの同棲を考える中で、特にお金の管理について不安に感じる人も多いようです。

生活を共にするということは、それまでお互いに知らなかった一面を日々知ることにもなります。

だからこそ、お金に対する価値観や管理の違いは、パートナーとのすれ違いを大きくさせる一因ともなりかねません。

そこで今回は、同棲生活におけるお金の管理方法について、それぞれのメリット・デメリットを交えながら詳しく紹介します。

同棲生活におけるお金の管理方法とメリット・デメリット

同棲は、できる限りお互いがストレスを感じることなく生活できるのが理想ですよね。

お金の管理についてはさまざまな方法がありますが、ここではおすすめの6つに絞って、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

しっかりとルールを決めて、自分たちに合ったお金の管理をしていきましょう。

(1)毎月一定額をお互いに出し合う

まず1つ目は、毎月お互いに一定額を出し合う方法が挙げられます。

パートナーと共通の財布を準備してお金を毎月入れていく方法と、共通の銀行口座をつくって履歴に残しつつ管理していく方法などがあります。

この管理方法は支出額が一定で予測が立てやすいため、お互いに不満が出にくい点がメリットといえるでしょう。

また、生活費の上限も決まるため、その金額内で抑えようと意識しやすく、節約するのにも適しているといえます。

ただし、出し合ったお金以上の支出が発生した月は、どちらが支払うかで不満が出る可能性があります。

そのため、家具や家電製品といった大きい支出が発生しそうな場合は、別途お金の準備や話し合いが必要となるでしょう。

お互いの収入差が小さく平等性を求めるカップル、決まった金額内で生活を送りたいカップルにおすすめの管理方法です。

(2)毎月発生した支出を折半する

毎月、実際にかかったお金を折半する管理方法もあります。

この場合、お互いに支出する額が明確で、平等に管理しやすいのがメリットといえるでしょう。

一方で、毎月の支出上限が決まっていないため、つい不要なものを買ってしまうなど支出がかさむ可能性も考えられます。

お互いの収入差が小さく平等性のある管理をしたいカップル、ある程度自由にお金を使いたいカップルにおすすめの管理方法です。

(3)どちらかが主導で管理する

どちらか得意な方がメインで管理するパターンもあります。

お金の管理について苦手意識を持っている場合、得意な方に任せることで安全かつスムーズに管理できるかもしれません。

ただし、2人ともお金の管理が苦手だと、一方に不満がたまってしまう可能性もあります。

また、どちらかだけが管理することで、お金の流れが不透明になることも考えられるでしょう。

この管理方法は、どちらかがお金の管理を得意としているカップル、結婚を前提として一方にお金の管理を集約したいというカップルにおすすめです。

(4)支出額を交代で支払う

毎月の支出を隔月の交代制で支払う管理方法もあります。

自分の支払い月がくるまで一カ月間空くので、支払い金額の準備をしやすいのがメリットといえるでしょう。

一方で、その月によって支出額が変動する可能性もあり、支払う金額が不平等になってしまうことも考えられます。

特に、イベントごとがある月などは支出がかさみやすく、不満が出てしまうかもしれません。

この管理方法は、ある程度毎月の支出額が一定になるカップルにおすすめです。

(5)固定費とそれ以外で分担する

家賃や光熱費などの固定費と、飲食代や日用品の購入など固定費以外の生活費を分担する管理方法もあります。

この分担についてはある程度、支出額の差が生まれることが前提です。

そのため、事前にそのことをお互いに理解しておかないと不満が生まれてしまうかもしれません。

また、固定費の中でも光熱費に関しては、夏や冬に支出が増える可能性があるので注意しましょう。

具体的に結婚を視野に入れているカップルなどには、おすすめの管理方法といえるでしょう。

(6)どちらかのクレジットカード(キャッシュレス)で支払う

どちらか一方のクレジットカードなどを利用して、キャッシュレス決済する管理方法もあります。

支出の明細や履歴が残るため、管理がしやすいといえるでしょう。

また、ポイントも貯まるのでお得に支払いができる点もメリットです。

ただし、クレジットカードの引き落とし先をどちらか一方の口座に指定した場合、支出の負担が大きくなってしまいます。

また、個人の買い物との区別が難しくなる可能性もあるため、その場合は引き落とし先をカップルの共通口座にするなど工夫が必要でしょう。

キャッシュレス決済に慣れているカップルにとっては、おすすめの管理方法です。

次ページ:同棲中のお金の管理で注意したいポイント

SHARE