お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

スクワットで腹筋は鍛えられる? 正しいやり方と効果的なトレーニング方法

山内佑太郎(キックボクサー/トレーナー)

スクワットで腹筋も鍛えられたら一石二鳥なのに……と思ったことはありませんか? 実は、スクワットは下半身を鍛えるだけでなく、方法次第で腹筋も効果的に使うことができるトレーニングです。この記事では、パーソナルトレーナーの山内佑太郎さんに腹筋も意識することができるスクワットの方法を教えてもらいます。

スクワットは下半身の筋肉をメインに鍛えるトレーニング。

ですが、せっかくなら一緒に腹筋も意識できるやり方を知りたいと思いませんか?

今回はスクワットで腹筋も効果的に使うことができるスクワットの方法について紹介します。

この記事を参考に、ぜひ毎日のトレーニングを見直してみてくださいね。

スクワットで腹筋は鍛えられるの?

スクワットは主に下半身の大きな筋肉を使うトレーニングメニューで、集中的に鍛えられる筋肉は以下などが挙げられます。

・太もも前側の大腿四頭筋

・お尻の筋肉である大臀筋

・太もも裏側のハムストリングス

ただし、スクワットは下半身の動きだけでなく、背筋を伸ばした正しい姿勢や呼吸を意識することも重要です。

それによって若干ではありますが、腹筋群や背筋群を鍛える効果も期待できるといえます。

次ページ:基本的なスクワットのやり方

SHARE