お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

結婚相談所のプロフィールはどう書く? 好印象な書き方と例文

#タジコン-29歳たじーの婚活記-

マイナビウーマン編集部

結婚相談所に入会後、プロフィールの書き方に悩む人は男女共に少なくありません。趣味や性格、自己PRに何を書くべきか迷っていませんか。今回は、結婚相談所で絶賛婚活中の編集部たじーが、好印象なプロフィール作成のコツを、実体験を基に解説します。

こんにちは、マイナビウーマン編集部のたじーです。のらりくらりと独身生活をエンジョイしている私も気づけば29歳。先日、ついに結婚相談所へ入会しました。

私が入会したのは、オンラインで婚活ができる某有名結婚相談所。活動を開始して早速つまずいたのが、プロフィールの作成です。

今回は、結婚相談所のプロフィールって何を書けば良い? どんなプロフィールがモテるの? そんな疑問を、私の実体験を基に解決していきます。

結婚相談所ではプロフィールが重要!

結婚相談所 プロフィール

多くの結婚相談所では、上記のようなプロフィールを作成するのが一般的。細かい部分は異なりますが、基本的には写真や年齢・年収・職業・学歴などの項目を記入します。

さらに、アドバイザーさん(仲人のような存在)がその人について書いてくれる推奨文や、自分で記入する自己PRなどがある場合も。

「結局、写真さえ良ければモテるのでは?」と侮るなかれ。結婚前提の出会いを探すこの場所では、多くの人がプロフィールの内容をしっかり見てからお見合いを申し込むかどうかを判断しています。

結婚相談所のプロフィールでアピールすべき項目3つ

・基本情報

・親しみやすさ

・結婚後のイメージ

私が思う、結婚相談所でアピールすべき項目はこの3つ。

年齢や仕事などの基本情報を書いているのはもちろんですが、親しみやすさと結婚後のイメージが湧きやすいプロフィールは個人的に好印象です。

何人ものプロフィールを連続で閲覧していると、脳がバグを起こして全員が同じ内容を書いているような気持ちになってしまうことがあります。(これ、あるあるですよね?)

そんな時に、「お、会ってみたい!」と思うのは「こう見えて実は甘党です(笑)」のような親しみのある一文や、「週末は一緒に買い物や旅行へ行く、仲の良い家庭を築きたいです」のようにその人との結婚生活を具体的に想像(妄想)できるような文章です。

また、第三者の目線で「この人はこういう性格です」と書かれていると安心感があり、私はこれにかなり助けられました!

自己アピールが苦手な人は、担当のアドバイザーさんや友達に相談すると良いかも。

次ページ:結婚相談所のプロフィールの書き方(例文つき)

SHARE