お使いのOS・ブラウザでは、本サイトを適切に閲覧できない可能性があります。最新のブラウザをご利用ください。

「結婚相談所でモテる写真」って結局何!? 好印象なプロフィール写真を撮るコツ

#タジコン-29歳たじーの婚活記-

マイナビウーマン編集部

結婚相談所で使用するお見合い写真を撮る時、服装やポーズ、髪型に悩みますよね。今回は、絶賛婚活中の編集部たじーがお見合い写真を撮り直した理由と、失敗談を基にモテるお見合い写真を撮るコツを紹介します。

こんにちは、マイナビウーマン編集部のたじーです。結婚相談所へ入会して、早いもので3カ月がたちました。

婚活経験者の友人から「1日10件はお見合いの申し込みが来るから、厳選しないと身が持たないよ!」なんて言われていましたが、ふたを開けてみると来る申し込みの件数は週1~2件。

あまりにも聞いていた話と違うため、アラサーOLらしくPDCAを回した結果、お見合い写真に改善が必要ではという結論に達しました。

結果的にお見合い写真を撮り直すことになり、撮影料に3万円、洋服も含めたら約5万円を掛けた私。今回は、お見合い写真に泣かされた女の失敗談を基に、モテるお見合い写真を撮るコツを紹介します。

私がお見合い写真を撮り直した理由

結婚相談所の入会に当たって乗り越えるべき壁の1つが、お見合い写真の撮影です。

友人がブライダルフォトやマタニティフォトを撮っている中、たった1人で着飾って写真スタジオに出向き、お見合い写真を撮るのは若干の切なさがあるもの。

そんなお見合い写真を、なぜ私は2回も撮影することにしたのでしょうか。

今回撮影したお見合い写真のBefore・Afterはこちら。

実際のイメージを基に、失敗したポイントを紹介します。

(1)服装選びを間違えた

私は聞いていました。「モテ=白だ」と。清潔感がある上、写真の時はレフ版のようになって顔面が盛れるらしいというやんわりした知識もありました。

そんな知識を基に買い物へ出掛け、店内でひと際輝いて見えたできるだけ白い色のトップスを購入。素材はシフォン系で、柔らかいシルエットのものをチョイス♡

結果、私は見事に背景と同化することになります。どこまでが自分の体でどこまでが背景なのかよく分からず、ぼんやりとした印象になってしまいました。

(2)撮影用のメイクが濃すぎた

最初に撮った渾身のお見合い写真を見た友人の一言は、「なんか国会議員みたいだね!」でした。

たしかにそう言われると、キリッとした眉毛に意志の強そうな目元、やや緊張気味の笑顔は後々良い政治をしてくれそうな期待の新人に見えないこともありません。

プロのヘアメイク付きのプランを申し込んでいた私。調べてみたところ、写真撮影の時は若干メイクを濃くするのがプロの世界でのセオリーなんだそう。

結果的に、写真用のメイクは私の顔面をキリッとさせすぎてしまったようです(メイクまでお見せできずすみません……、こちとらガチ婚活中のためご容赦ください)。

(3)髪色が明るすぎた

これもまた友人に指摘されたことなのですが、髪色が実物より明るく見えるのもイマイチなポイントかも……ということでした。

というのも、フラッシュをたいて写真を撮ると、実物よりも髪色が明るく写りやすいんだそうです。

実際の髪色はほぼ黒に近い茶色なのですが、たしかに写真ではトーンが明るくやや黄みがかって見えたため、キツイ印象になってしまったのかもしれません。

撮影代に3万円を使った末路

今回お見合い写真を撮り直すに当たって、改善した点は以下のとおり。

・服装(白い服を封印した)

・メイク(プロに頼まず、セルフメイクにした)

・髪色(暗くした)

結果、週に1~2件程度だったお見合い申し込みが、3~5件まで増加しました。

……いや、めちゃくちゃ微々!!!!

と思ったそこのあなた、大正解です! が、私のリモート怨念によって、今日は卵を割ったら殻が混入するなどのちょっとイラっとする出来事が起こりそう♡(ごめんなさいうそです)。

撮影代に3万円を使って得た教訓としては、「写真に固執しすぎるのは良くない。でも、何となく撮影したら後悔する」ということです。

お見合い写真を撮る時は、自分的に「これが完璧だ」と思えるような1枚になるように、コツをしっかり押さえておくことが大切。

後悔しないためにも、モテるお見合い写真を撮るコツを見ておきましょう!

次ページ:みんなでモテよう。結婚相談所で好印象な写真を撮るコツ

SHARE